小学校3年生による神様への質問が面白すぎると、海外のTwitterで話題を呼んでいます。


https://twitter.com/GospelJosiah/status/1309196612883939335

「弟をありがとう。でも、わたしが欲しかったのは子犬なのよ」→お父さん、お母さんに相談しましょう。

「ボクはアメリカ人だけど、あなたは何人?」→教会の牧師さんも困ってしまう質問ですね。

「どうして自分が神様だってわかったの?」→神様にはちょっと痛い質問かもしれません。

「ハロウィンに悪魔のコスチューム着るけど、神様的には問題ある?」→全然オッケー。

「国と国の間に線(国境のこと)引いたのって誰?」→大人でも疑問に思う時ってあるよね。

他にも「日曜学校はなんで日曜日なの? 日曜日って休む日のはずだけど」「どうして新しい動物を生み出してくれないの? 古臭い動物ばっかりだよ」「結婚式に行ったら教会の中でキスしてたけど、いいの?」「神様って本当に目では見えないの? それともただのトリック?」「キリンをあの姿にしたのはなにか意味があるの? それとも事故?」「ボクのお兄ちゃんは裏切者なんです。どうかお兄ちゃんを尾行してください」といった質問がありました。

Twitterに寄せられた反応は以下のようなものがありました。

・子どもの頃が懐かしいな
・素直でいいよね
・子どもってキツイよな
・結構核心を突いてる
・忖度なし
・純粋で正直
・真実とは耳が痛いものだ
・どストレートだ
・全部最高!
・意味深
・ほとんど全部大人が答えられない質問じゃない
・子どもって哲学者みたい
・「兄貴が裏切者」には爆笑した

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/GospelJosiah/status/1309196612883939335

(執筆者: 6PAC)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「小学校3年生による神様への質問が面白すぎる 「忖度なし」「ほとんど全部大人が答えられない質問」