モデルでタレントの益若つばさ(34)が19日、自身のインスタグラムにアップした写真が話題となっている。

 かつて女性ファッション誌『Popteen』でカリスマモデルとして名を馳せ、経済効果については500億円以上とも言われていた益若。

 先日の投稿には、35歳を迎えた誕生日の報告と共に体重「38.5キロ」、体脂肪率「21.6%」、体年齢「18歳」など、自らの体重や体脂肪率の数字を公表した。しかしこの投稿に対し一部ネット上では「若い子に細いのが美しいと変な意識を植えつけてしまうのでは?」「こんなの公開する必要ある?」というような厳しい声が集まってしまう結果となった。

 そんな益若、今回の投稿には「はじめてルーティン企画撮ってみた。バスタイムルーティン今載せた。」とコメントし、自身のYouTubeチャンネルに動画更新したことを報告。さらに「男の子みたいやな。女性も男性も関係なく使えるグッズたくさん載せてある!」などとつづり、バスタオルを頭からかけ、まるで水の中にいるようなフィルターをかけた自身の写真を公開した。

 この投稿に対しインスタグラム上には「ブライス人形みたいで可愛い」「めっちゃ綺麗」などの絶賛コメントが寄せられている。しかしその一方で、ほっそりとした二の腕が見えているためか「顔が大きくみえる!腕、細すぎる!」「何かちょっと恐い」「細すぎて顔がおっきく見える」というような声が上がっている。

 写真の撮る角度が原因なのかもしれないが、顔、二の腕、首のバランスが悪く見えたことからこのような声が集まってしまったようだ。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「益若つばさ、まるで人形みたいな姿にネット騒然「何かちょっと恐い」