タレントでダンサーの紅蘭(30)が21日、自身のインスタグラムを更新。投稿内容に賛否の声が集まり話題となっている。

 18年12月に第1子長女を出産していた紅蘭。現在は美容品やジュエリーを販売する会社を運営している一方、SNSでは頻繁に長女とのツーショット写真をアップしており、溺愛っぷりを明かしている。

 そんな紅蘭、今回の投稿には「最近よく『母親らしい格好しろよ』とDMやコメントを頂きます」と、自身の服装を批判するメッセージが届いていることを明らかにした。それに対し「そもそも『母親らしい格好』とはなんなのか、、、どの様な服装なのか?誰が決めたモノなのか?母親になったら着たい服が着れないのでしょうか?母親になると胸元が見える服は着てはいけないのでしょうか?どなたの考えがそのような多くの方の考えに行き着いたのでしょうか?」などと反論した紅蘭。

 この投稿に対しインスタグラム上には「自分を持っていてとても素敵だと思います!」「ご自身の考えを発信されているのがかっこいいです!!!」「いいねボタンを連打したい」などの称賛の声が集まっているのだが、その一方でネット上からは「今はまだ小さいから良いけど、子供のことも考えてあげて欲しい」「自分の母親がこんなに胸の谷間が見える服を着ていたら嫌だけど…」というような声も上がっている。

 わざわざDMを送るなどの行為は迷惑でしかないが、「子供のことを考えると…」「子供が嫌じゃないのなら…」と、子供の気持ちを心配に思う人も少なくないようだ。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「紅蘭「胸元が見える服は着てはダメ?」服装批判に反論するも賛否の声