自らのキャリアについて考える機会が少なかったミドルシニア世代。しかし、終身雇用制の見直しや、70歳までの雇用の推奨により、ミドルシニア世代にもキャリアを自分で決めていく「キャリア自律」が求められています。本セッションでは、そんなミドルシニア世代のキャリア自律に企業はどう向き合うべきか、キャリアコンサルティングはどのような役割を担っていくべきかをテーマにした、キャリアの専門家4名によるパネル・ディスカッションの模様を公開。本記事では、法政大学教授の田中研之輔氏による講演をお届けします。

全文を読む