SNSを通して、根拠ある医療の情報を発信するプロジェクト「SNS医療のカタチ」が、新たな取り組みとして初めたオンライン座談会「医戸端会議」。第1回目となる今回は「“がん”と研究、そして、わたしたち」をテーマに、SNS医療のカタチのメンバーと、がん治療研究を応援するプロジェクト『deleteC』のメンバーでセッションが行われました。本記事では、医療支援における「違和感を面倒くさがらない」スタンスの大切さが語られました。

全文を読む