新型コロナウイルスの影響で、世界中で大きく働き方が変化した2020年。テレワークを中心とする新しい生活様式に移行する中で、多くの企業で「会話不⾜でチームの⽣産性が落ちた」「同僚と雑談する機会が減った」といった声が聞かれるようになっています。

そんな中、注目を集めているのが「バーチャルオフィス」。仮想オフィス空間に⾃分自身のアイコンを投影し、よりリアルなコミュニケーションを可能にするサービスです。本記事では、oVice株式会社 代表取締役CEOジョン・セーヒョン氏とPriv Tech株式会社代表の中道大輔氏を迎え、単なる社内コミュニケーションの活性化にとどまらない、バーチャルオフィスのメリットについてインタビューしました。

全文を読む