kintoneの活用アイデアをユーザー同士で共有するライブイベント「kintone hive 2020 」が名古屋・仙台・福岡・大阪・松山・東京の6会場で開催されました。本セッションでは、各会場で地域代表に選出されたファイナリスト6社に、その活用事例を発表いただき、2020年に最も共感を得た活用事例「kintone AWARD グランプリ」を決定します。本記事では、岐阜県でケーブルテレビの回線を提供し、地域インフラ事業を行う株式会社アミックスコムの安藤満秋氏に、どのようにkintoneを使っているのか? そしてkintoneを使うことでチームがどう変わったのか? についてお話いただきました。

全文を読む