Coincheck(コインチェック)の積立とは?メリット・デメリットを解説

近年、資産運用を気にする方が増えていますが、スマホで簡単に暗号資産取引できる点から注目を集めているCoincheck(コインチェック)でも、簡単に資産運用できる積立サービスを展開しています。

しかし、「コインチェックの積立って一体何?」「コインチェックの積立を利用するメリット・デメリットとは?」といった疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、コインチェックの積立サービスの概要や利用するメリット・デメリット、注意点について詳しく解説します。

Coincheck(コインチェック)の積立サービスとは?

Coincheck(コインチェック)の積立サービスとは?

コインチェックの積立サービスである「Coincheckつみたて」とは、法定通貨で積立投資を行うのではなく、暗号資産を用いて積立投資できるサービスです。

Coincheckつみたての特徴は、大きく分けて次の3つがあります。

月々1万円から積立可能

Coincheckつみたてでは、月々1万円から資金を積み立てることができます。
そのため資産運用経験がない方でも、自分の生活を圧迫することなく資産を積み重ねられます。

また、積立方法は、「月イチつみたてプラン」と「毎日つみたてプラン」の2種類が存在しており、自分が利用したいプランを選択可能です。

月イチつみたてプラン

月イチつみたてプランでは、毎月一度自分が設定した金額を積み立てていくプランです。
最低1万円から100万円まで金額指定が可能であるため、初めて資産運用を行う方におすすめのプランと言えるでしょう。

毎日つみたてプラン

毎日つみたてプランでは、1ヶ月に積み立てる金額を設定しておき、設定金額を日割りして積み立てていきます。
毎日投資を行うため、相場変動を回避しリスクヘッジに長けた投資方法と言えます。

積立で安定した暗号資産取引

Coincheckつみたてを利用することで、安定した暗号資産取引が可能です。

FXなどの短期取引とは異なり、積立サービスでは長期的な投資を目的としているため、リスクヘッジした資産形成が期待できます。

入金から購入まで全て自動

Coincheckつみたてでは、あらかじめ入金金額を設定しておくことで、自動的に積立が行われます。

そのため、購入タイミングが分からない方でも安心して取引可能です。
また、積立手数料は無料となっているため、無駄なコストが発生する心配もありません。

Coincheck(コインチェック)の積立はドルコスト平均法を用いている

Coincheck(コインチェック)の積立はドルコスト平均法を用いている

Coincheckつみたてでは、「ドルコスト平均法」 と呼ばれる投資手法を用いています。

ドルコスト平均法とは、常に一定の金額で定期的に同じ投資対象を購入する投資方法のことを言います。

毎月同じ金額を積み立てることで、積立金が相場状況に左右されることはありません。

短い期間で大きい利益を得ることはできませんが、長期的に見ると大きい利益を期待できるのが特徴です。

そのため、投資初心者にも安心の投資手法と言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)の積立サービスを利用するメリット

Coincheck(コインチェック)の積立サービスを利用するメリット

Coincheckつみたてを利用するメリットは、次の3つがあります。

取引以外の投資手段として活用できる

通常の現物暗号資産取引では購入金額が一定ではなく、相場状況によって金額が左右されます。
しかし、積立サービスを利用することで、取引以外の投資手段として活用できる点はメリットと言えます。

また、Coincheckつみたてで積み重ねた暗号資産は、他の暗号資産購入に充てられます。
そのため、積み立てた暗号資産を別の暗号資産で運用すれば、さらに大きな利益を獲得する可能性が高まります。

暗号資産取引初心者でも始められる

一定額を毎月積み立てるだけなので、暗号資産取引の経験がない方でも簡単に運用を始められます。
暗号資産取引に興味があるけど、損失を出したくないと考えている方におすすめです。

さらに、暗号資産は現在注目されている資産であるため、長期的に運用することで5%以上の利率で運用できる可能性もあります。

大きなコストをかけずに始められる

Coincheckつみたてでは、毎月1万円から積み立てすることが可能です。
また、積立にかかる費用は投資金額だけなので、無駄なコストをかけずに投資を始められます。

10万円や100万円など、まとまった金額を用意することなく投資を始められる点はメリットと言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)の積立サービスを利用するデメリット

Coincheck(コインチェック)の積立サービスを利用するデメリット

Coincheckつみたてを利用するデメリットは、次の通りです。

短期間で大きなリターンは狙えない

Coincheckつみたてでは、毎月一定額を積み立てていくドルコスト平均法を利用しているため、いきなり莫大な利益を得ることはできません。

そのため、暗号資産投資で一気に大きな利益を得たいと考えている方にとっては、デメリットと言えます。

しかし、コインチェックではレバレッジを効かせた取引に対応しておらず、暗号資産は市場の変動が激しいため、少ない金額で大きいリターンを狙うこと自体が難しいです。

ドルコスト平均法には、リスクを抑えて確実に資産を増やしていけるメリットが存在しているので、自分の投資目的に照らし合わせて選択してみてください。

Coincheck(コインチェック)の積立サービスを利用する際の注意点

Coincheck(コインチェック)の積立サービスを利用する際の注意点

Coincheckつみたてを利用する際は、次の2点に注意が必要です。

余剰資金で分散投資を行う

ビットコインをはじめとする暗号資産は、年々大きく成長しています。

そのため、いきなり大きな金額を投資してしまいがちですが、相場状況によってはリスクが高い可能性があるため注意が必要です。

コインチェックに限らず、暗号資産の積立を行う際は、全資産の10%から20%前後をまわすようにしましょう。

長期的な投資を意識する

暗号資産取引市場は、日々大きく価格変動が起こるため、長期的な投資を意識しましょう。
短期的な投資を目的としていると、含み損が発生した際に大きな損失リスクを抱えることになります。

すぐに価格が回復する可能性もありますが、思うように価格が上昇しない場合は、自分の損失を取り戻すことができません。

少額で長期的に投資を行えば、含み損が発生した場合でも、大きなリスクを回避できるだけではなく、確実に利益増加を狙えます。
そのため、リスクを減らして暗号資産投資を行いたいのであれば、長期的な投資をするという意識が重要です。

Coincheck(コインチェック)で積立投資を始めよう!

Coincheck(コインチェック)で積立投資を始めよう!

今回は、Coincheckつみたての概要や利用するメリット・デメリット、注意点について詳しく解説しました。

毎月1万円から積立できるため、暗号資産取引初心者の方でもリスクを最大限に回避して資産形成が可能です。

確実に資産を増やしていきたいと考えている方は、Coincheckつみたてを利用してみてはいかがでしょうか。

Coincheck(コインチェック)について詳しい記事はこちら

情報提供元:BITDAYS
記事名:「Coincheck(コインチェック)の積立とは?メリット・デメリットを解説