PayPay証券日米株でゲーム、eコマースなどテーマごとの銘柄選びに対応

PayPay証券の日本株と米国株の株式取引を行えるアプリ「PayPay証券日米株」において、2021年4月9日(金)より2種類の新機能の提供を開始した。

投資初心者の銘柄選定を簡単に

投資初心者でも銘柄を選びやすい新機能も

今回新たに追加された新機能は、興味のあるテーマから銘柄を選定することができる「テーマ」機能と、PayPay証券のおすすめ銘柄を紹介する「ピックアップ」機能の2種類。

「テーマ」機能は「身近なテーマから銘柄を見たい」「今話題の銘柄を知りたい」といったユーザーの声を受け追加したもの。日常生活に関わる身近なものやサービスに焦点を当て、興味のあるテーマから銘柄を選べるようになっている。

「ゲーム・エンタメ」「日常生活」「eコマース」「最先端技術」「物づくり」「自動車関連」「ヘルスケア」「再生エネルギー」「金融・不動産」「時価総額上位」「売買代金上位10」「ETF・リート」の12カテゴリが用意されている。

「ピックアップ」機能では、投資初心者でも経済の最新動向から話題の銘柄を選定できるよう、PayPay証券のおすすめ銘柄を紹介。

第1弾では、アメリカ大統領選後から原油価格の上昇が顕著となり話題となっている「原油価格の上昇に関連する企業」の銘柄を紹介する。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「PayPay証券日米株でゲーム、eコマースなどテーマごとの銘柄選びに対応