エポスカード、タッチ決済導入の新デザイン。裏面に情報集約

丸井グループのクレジットカード「エポスカード」が2021年4月15日(木)より、カードデザインを刷新する。

マルイ・モディ全店でタッチ決済対応へ

エポスカード

©丸井グループ

新たなエポスカードは、凹凸がないエンボスレスの縦型カードへリニューアル。カード番号、氏名、有効期限などの個人情報はすべてカードの裏面に記載されており、周囲から見えにくく安心・安全に利用できるデザインとなっている。

カードのデザイン監修は、デザイナーの佐藤オオキが率いるデザインオフィス「nendo(ネンド)」が手がけた。

また、カードデザインの刷新に合わせ、「Visaのタッチ決済」によるコンタクトレス決済に対応。店員へカードを渡す必要なく、決済端末にかざすだけで支払いが完了するため、非接触の決済が可能だ。

「Visaのタッチ決済」はVisa加盟店で利用可能。丸井グループのマルイ・モディでは、店舗内の決済端末を順次入れ替え、2021年7月末までに全店舗でタッチ決済を導入予定だ。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「エポスカード、タッチ決済導入の新デザイン。裏面に情報集約