節約方法で最初に取り組むべきこととは

節約をはじめたいけれど具体的なイメージがわかず、目標の金額を見極められないために行動に移せないという方も少なくないのではないでしょうか。

そこでこの記事では初心者でもはじめやすい、最初に取り組むべき節約の方法を紹介します。

節約方法で最初に取り組むべきものは?

節約方法で最初に取り組むべきものは?

仕事と同じように、節約に取り組む場合にも大切なのは現状をきちんと分析し、改善点を明らかにすることです。

節約では家計の収支を正しく把握することがこの現状分析にあたります。そして収支の把握にはやはり家計簿をつけるのがもっとも基本的な方法です。

とはいえ、家計簿は手書きで毎日コツコツと記録しなければならないイメージもあり、苦手に感じる方も少なくないかもしれません。しかし最近では市販の家計簿を活用したり、エクセルなどでオリジナルの家計簿を作成することともできるほか、スマートフォンにインストールする便利な家計簿アプリも登場するなど、そのハードルは低くなっているといえるでしょう。

中でも家計簿アプリはレシートの写真を撮るだけで商品を買った店や日付、金額などの入力ができたり、収入と支出の情報を円グラフや棒グラフで視覚的に確認ため、数字が苦手でも収支の状況を把握しやすくなっています。

特にこれまでに家計簿の記録に挫折した経験のある方は、こうしたアプリを活用するなどし、まずは1ヶ月間でも家計簿の記録を続けてみるのがおすすめです。

家計簿アプリ利用率No.1

節約方法でおすすめは?

節約方法でおすすめは?

家計簿を記録し、家計の収支を把握する習慣ができたら、次に具体的な方法で節約を実践してみましょう。

そこでおすすめの節約方法には次のようなものがあります。

銀行通帳を見直してみる

光熱費や保険料、携帯電話料金など、その都度意識していなくても通帳からは月々さまざまな費用が引き落とされています。

このため過去のお金の出入りを見直してみることで無駄な費用や、ときには解約し忘れていた有料サービスなども発見できることがあるかもしれません。

銀行通帳の見直しがおすすめの理由

銀行通帳の見直しは月々の金額は小さくても、毎月繰り返す出費のため、長い目でみると節約効果は高くなりおすすめです。

銀行通帳の見直しをするポイント

家計簿を記録することはもちろんですが、銀行通帳に細かく目を通すことで節約に効果的な改善点を発見するのが銀行通帳の見直すポイントです。

具体的に節約する点が見つかると節約の意欲も高まるほか、通帳から引き落とされる費用には固定費も多いため、無理して食費や趣味に使うお金を削るよりも月々の支払いが減り、効果が高くなります。

クレジットカード利用の見直し

クレジットカードは、買い物のたびにポイントが付与されるなど、うまく活用すれば好みの商品やキャッシュバックなどを受けられるためお得です。しかしながら手元に現金がなくても買い物ができてしまうため、つい予算以上の買い物や衝動買いをしてしまうこともあります。

また、使った分の銀行口座からの引き落としは翌月以降になることからきちんと収支の管理をしないとなりません。

このため、明細の確認するのが面倒など、クレジットカードによる出費の管理ができないのであればできるだけ使わないほうが良いでしょう。

クレジットカード利用の見直しがおすすめの理由

浪費癖があるなど、普段から無駄使いが多い方はクレジットカード払いを現金払いに切り替えることによって使いすぎたときにすぐに気づくことができ、節約の意識も高くなるでしょう。

クレジットカードの利用を見直すと、「便利さ」は損なわれますが、「使いすぎてしまう」傾向を変えることができます。

クレジットカード利用の見直しをするポイント

クレジットカードの利用を控えることは節約意識を高めるには一定の効果がありますが、利便性を考えるとデメリットもあります。

そこで、カードを持ちすぎている場合には1枚に厳選してみるだけでも効果が期待できます。またその上で利用明細の確認が手軽にできるアプリを利用するのもおすすめです。

食費の見直し

お金の流れがきちんと管理できるようになったら、次に月々の生活費で見直せる点がないかを考えます。

生活費を節約するにあたってはまず取り組みやすいのが食費です。食費は支出全体のおよそ15~20%程度に抑えるのが理想的と言われています。

食費の見直しがおすすめの理由

食費は健康面なども考慮すると限界はありますが、必要な食材以外に余分な物を買ってしまったり、嗜好品の割合が多いなど、節約のポイントが多い費用です。

また、食費の節約を心がけ、ストック食材を使い切りなどに取り組めば食品ロスの軽減にも貢献できます。

食費の見直しをするポイント

食費の節約ではストック食材を使い切るのを意識するだけでなく、必要なものだけ買い物をする、自炊の回数を増やすなど、さまざまな方法で出費を抑えることができます。

また、1ヶ月の予算を決め、その範囲内で買い物をするのも節約には効果的です。

キャッシュレス決済の活用

食費をはじめとして、毎月必要な費用はキャッシュレス決済の活用がお得です。キャッシュレス決済にはQRコード決済(スマホ決済)、デビットカード、あるいは電子マネーといった決済手段があります。

目標を決めてもなかなか予算内に食費がおさまらないといった方の場合、目標食費額分だけをチャージあるいは引き落とし口座に預金しておけば使いすぎすることなく、節約意識の向上にも効果的です。

キャッシュレス決済の活用がおすすめの理由

キャッシュレス決済が現金払いと大きく異なるのは、支払い額に応じたポイントが付与される点です。

キャッシュレス決済のサービスによっては特定の店舗で利用したり期間限定のキャンペーンなどによってポイントが倍増することもあります。

貯まったポイントは次の買い物に利用できたりギフトカードに交換できるなど、節約術の1つとしても人気です。

キャッシュレス決済の活用ポイント

食費などの出費はキャッシュレス決済を利用することで支払い明細が利用日や店舗ごとに記録されます。

これらはWeb明細ならどこでもチェックできるので、家計簿の管理などに役立ると良いでしょう。

不用品処分

出費を抑えるわけではありませんが、不用品を処分することも節約に役立ちます。節約生活を心がけるようになると、普段はあまり使っていないものが目につくようになるはずです。

そんな時活用したいのがフリマアプリやリサイクルショップです。売上は生活費に充てることもでき、家計の助けにもなります。

不用品処分のおすすめの理由

フリマアプリやリサイクルショップは不用品処分するだけでなく、出品された商品を購入することも可能です。

こうした商品の中には場合によっては未使用品もあり、市価よりも安価に購入できるため、節約にも役立ちます。

不用品処分のポイント

不用品の処分は、フリマアプリならスマートフォンから簡単に出品できるので忙しい主婦でも隙間時間に利用できます。

また、リサイクルショップなら宅配買取が便利です。

イオングループの対象店舗での買い物でポイント2倍!

節約を無理せず続ける秘訣は?

節約を無理せず続ける秘訣は?

節約の方法はさまざまですが、ダイエットと同じように過度な方法では長続きしません。

できそうなものから手を付け、楽しむくらいの気持ちではじめるのが長続きの秘訣です。

また、節約はどうしても1度で大きな効果が期待できる金額が大きな出費を抑えることに目がいきがちですが、たとえ少額でも繰り返しの出費は長期的に大きな金額となります。そこで節約は使うべきところとそうでないところを見極めることも重要です。

セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソンで2.5%のポイント還元

節約方法をマスターしていこう

節約方法をマスターしていこう

節約は人によってそれぞれ適した方法が異なります。このため度の方法が最適というものでもありません。一方で自分に適した方法が1つ見つかるとそこから節約の幅が広がっていくものです。

節約をはじめる際には、1度に大きな節約をするのではなく、小さくても長く続けられる自分なりの方法を見つけてみてはいかがでしょう。

節約について詳しくはこちら

情報提供元:BITDAYS
記事名:「節約方法で最初に取り組むべきこととは