駅ビルで弁当を無人販売。キャッシュレス決済対応のショーケース

ジェイアール東日本都市開発とパナソニック産機システムズが、2021年2月22日(月)〜3月12日(金)まで新サービス「EKIPICK SHOWCASE(エキピックショーケース)」の実証実験を、JR総武線船橋駅直結のショッピングセンター「シャポー船橋」で実施する。

コロナ禍における非対面販売を実現

パナソニック 冷蔵ショーケース

「EKIPICK SHOWCASE」は、弁当やスイーツなどを駅ビル内に設置したキャッシュレス決済機能付きのショーケースで無人で販売するサービス。

コロナ禍で買い物時間の短縮や非対面販売のニーズが拡大する中、本サービスによりで弁当などが非対面で購入できるほか、駅ビルの営業時間外における購入も実現する。

ショーケースはパナソニック製の「キャッシュレス決済機能付き冷蔵ショーケース(画像認識タイプ)」を使用しており、カメラによる画像認識と重量センサで、取り出した商品の種類と数量を判別する。

対応するキャッシュレス決済はPayPay。ショーケース前面のタッチパネル上で金額を選び、表示されたQRコードをPayPayのアプリでスキャンし支払いが確認されると、扉が解錠されショーケース内の商品が取り出せるようになっている。

実証実験は「シャポー船橋」内にある「亀戸升本」で実施され、常温の弁当3種類と冷蔵の鍋キット1種類を販売。

亀戸升本

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「駅ビルで弁当を無人販売。キャッシュレス決済対応のショーケース