雲の上を歩いている感覚。雪駄スニーカー「unda」が軽量化

プロダクトデザインブランド「goyemon(ごゑもん)」が手がける雪駄とスニーカーを融合した「unda-雲駄-」が、アップデートモデルと新色を発表した。

アウトドア使いにぴったりな新モデルも登場

unda1

goyemonでは「日本の伝統×最新技術」というコンセプトで商品を展開。第1弾商品の「unda-雲駄-」は、クラウドファンディングサービス「Makuake」でリリースされてから1週間で2,000万円を超える支援を集め、「Makuake Award 2019」ではGOLD賞を受賞した。

また、第2弾となる切子とダブルウォールグラス「Fuwan-浮碗-」も、1,000万円を超える支援を集めている。

今回「unda-雲駄-」のアップデートモデルとなる「unda 2.0」を新たに発表。
最大の特徴であるエアユニットと雪駄が合わさった見た目はそのままに、アウトソールの素材・構造を根本から見直し再構築することで約25%の軽量化に成功。従来モデルと比較し、より雲の上を歩くような軽い履き心地を実現している。

カラーは定番の「Black」「White」「Sumi」に加え、新たにオールホワイトの「Shiro」、アウトドアに適した素材を採用した「Kinari」の2種類が登場。今までの「unda」にはない明るい色味に仕上がった。

unda2

goyemon ONLINE STORE

情報提供元:BITDAYS
記事名:「雲の上を歩いている感覚。雪駄スニーカー「unda」が軽量化