キャンピングカーでテレワーク「動くオフィス」京急の横浜南部エリアで実験

車中泊仕様の車、車中泊スポットのシェアサービスなど「バンライフ」のプラットフォーム事業を展開するCarstayが、「動くオフィス」として利用できるキャンピングカー「モバイル・オフィス」の実証実験を、京急電鉄所有の遊休地において実施する。

京急電鉄とCarstayの協業第2弾

モバイル・オフィス1

©PR TIMES

モバイル・オフィス2

©PR TIMES

「モバイル・オフィス」では、テレワークを推進する企業や個人に向けてキャンピングカーを「動くオフィス」「動く会議室」「動く書斎」として提供。

キャンピングカーはマンションや住宅街などの駐車場に設置でき、テレワークの導入が進む中で「自宅に在宅勤務スペースがない」といった課題の解消を目指す。

これまでに、月極駐車場のデジタルトランスフォーメーションを推進するハッチ・ワークと提携し、都内の月極駐車場に「モバイル・オフィス」を設置してきた。

今回京急電鉄の横浜市南部エリアの遊休地で実証実験を実施することが決定。ビジネスパーソンのワークスペース、学生の勉強スペースとして提供する。

実証実験は上大岡エリアでは2021年2月22日(月)~2月26日(金)10:00~17:00、能見台エリアでは2021年3月1日(月)~3月5日(金)10:00~17:00に実施。

使用する車は、トヨタ・ハイエースをベース車両としたRVトラストの「CANTAL(キャンタル)」で、デスク、大容量バッテリー、家庭用エアコン、照明、冷蔵庫などに加えWi-Fiも完備しているため、仕事向けの個室空間として活用できるようになっている。

京急電鉄とCarstayは2021年10月より、三浦半島において車中泊・バンライフのプロジェクトを展開しており、今回は協業の第2弾となる。

また、京急グループが展開する京急プライムクラブの会員向けに、Carstayの「バンシェア」「カーステイ」の割引サービスを提供していく。

Carstay「モバイル・オフィス」

情報提供元:BITDAYS
記事名:「キャンピングカーでテレワーク「動くオフィス」京急の横浜南部エリアで実験