マネーフォワードME、家計簿からの確定申告が可能に

お金の見える化サービス「マネーフォワード ME」が、確定申告ソフト「マネーフォワード クラウド確定申告」へのデータ連携を開始し、家計簿データを利用して確定申告を行うことが可能となった。

確定申告をより効率的に

「マネーフォワード ME」は、銀行や証券など2,600以上の金融関連サービスから入出金履歴や残高、購入履歴などの情報を取得し、自動で家計簿を作成するサービスだ。

「マネーフォワード クラウド確定申告」との連携により、副業や事業を行う「マネーフォワード ME」のユーザーは、家計簿明細データの中から副業で支払った事業経費や雑所得などのデータを利用して仕訳情報や申告書類を簡単に作成することが可能となった。

雑所得および医療費の連携は2020年12月末を予定しており、医療費控除申請をしたいユーザーは、家計簿明細データ中の医療費のデータを「マネーフォワード クラウド確定申告」に連携して明細書を作成できるため、医療費の金額を自分で記入する必要がなくなるという。

また、「マネーフォワード クラウド確定申告」のアプリから、電子申告ができる機能を2021年2月16日(火)までに実装予定だ。

お金の見える化サービス「マネーフォワード ME」公式サイト

情報提供元:BITDAYS
記事名:「マネーフォワードME、家計簿からの確定申告が可能に