rmsビューティーとは?

rmsビューティーは、パンクロッカーから人気メイクアップアーティストに転身を遂げたローズマリー・スウィフトによるN.Y発のコスメブランド。ナチュラルをコンセプトとしています。

各商品には食品グレードの原料が最も自然に近い形で配合されています。本来のお肌との相乗作用を生み出すことを目的とし、肌を刺激したり、ダメージを与えたりする商品はありません。

元々がパンクロッカーというのは、異色の経歴ですね。創始者のローズマリー・スゥィフトは、無理なアンチエイジングをせず、とても素敵に年齢を重ねている女性です。

そんな方が立ち上げたブランドであるrmsがユーザーの心を離さないのも納得ですよね。

rmsビューティーの特徴

rms の大きな特徴は、その配合成分です。製品には、食品グレードの有機的な成分を配合しています。製造工程で最小の熱で加工することにこだわり、酵素、ビタミン、抗酸化作用などの栄養素を破壊することなく肌に届けられるような製品づくりに取り組んでいます。
熱加工による水分などの蒸発が少ないため、アイシャドウなどのパウダーアイテムがパサつかないで、しっとりとした仕上がりになります。

また、すべての製品には有害な化学物質、合成防腐剤、合成ビタミン、遺伝子組み換え成分(GMO)などが一切使われていません。

選び抜かれた成分には、天然由来の栄養素が豊富に含まれています。肌をいきいきと健康的な状態へ導き、うるおいに満ちた美しいツヤをもたらします。

rms製品の中でオススメなもの

正直に言うと、買ったものは全てハズレがないのですが、それでも敢えてなにかオススメを、と言われたら、ティントデイリーリップバームをまずオススメします。

無色も含めると、色の展開は4色。どの色も発色がよく、またリップ下地を塗らないでもスルスルと滑らかに伸びていきます。

こういったティントリップは、ディオールのリップグロウを長く愛用してきましたが、私にはこちらの方が合っているようです。お値段は税抜き2800円です。

終わりに・・・

ここまで読んでくださってありがとうございました。rmsの製品をご紹介しました。

アラフォーになって、今まで使っていたファンデーションやアイシャドウに、何となく違和感を覚え始めました。というよりも、自分のメイクがどことなく古くさい感じがしたんですよね。

何がいけないのか、試行錯誤しましたが、今の自分に合っているファンデーションやメイクアップアイテムを使うべきだった、と遅まきながらたどり着きました。

rmsは私のようなアラフォーでも、アラサーにもなっていない若い方でも、ナチュラルなものが好きな方にはぴったりの商品ばかり。逆に目の覚めるような鮮やかな色彩のアイシャドウなどはありませんが、全て自然由来の肌に馴染む色合いです。

ケミカルに少し疲れたら、rmsのコスメでひと休みしてください。肌もココロも癒してもらえますよ^^

情報提供元:女美会
記事名:「ヴィーガンブランドrmsビューティーの魅力とおすすめ商品のご紹介です。