1. 朝ヨガの美肌効果

朝ヨガの美肌効果
出典:ワナカムヨガスクール

朝ヨガの美肌効果は絶大です。

ヨガでいう朝とは5時から7時ぐらい、いわゆる早朝の時間帯です。

早朝に起きてヨガをする習慣が身につくと、自然と夜は早く寝る朝型の生活になります。夜の10時から深夜の2時の睡眠が、お肌にとってのゴールデンタイム。この時間に睡眠を取るだけで、自然と肌は美しくなります。

2. 朝ヨガは内臓の働きを整える

朝ヨガは内臓の働きを整える
出典:お寺ヨガTokushima

これは朝ヨガに限ったことではありませんが、ヨガは筋肉や骨格だけに働きかけているのではなく、もっと内側にある内臓へも働きかけています。これが、ヨガが単なるエクササイズとは異なる理由の一つです。

ヨガでは、呼吸に合わせて、胴体をツイストしたり、引き伸ばしたり、引き上げたり、と多種多様な動きをしていきます。肺はもちろん、胃腸や腎臓、肝臓、そして、子宮にも働きかけていくため、生理周期が整ったり、生理痛がなくなったりするだけでなく子宮の疾患の予防にも効果的です。

多少の無理がきいた20代とは違い、30代ともなると内臓の働きの良さが、美しさの条件であるといっても過言ではありません。ぜひ、内臓機能を活性化、調整するヨガの動きを日常に取り入れましょう。

3. 朝の時間をヨガで有効活用して体も頭もスッキリ過ごす

朝の時間をヨガで有効活用して体も頭もスッキリ過ごす
出典:みんなのヨガ三河ONLINE

職場でもプライベートでも、タスクも責任も増えて、活躍が期待される30代。それと比例するように、「自分の時間がない」という気持ちを持ちやすい時期です。そんなあなたにこそ、朝のひとときを最大限に活かして欲しいと思います。誰にも邪魔されずに、自分のために過ごせる贅沢な時間帯。

この朝の時間を有効活用できた人とそうでない人は、日中感じる充実感にも差が出てきます。自分の時間を渇望している人と、内側から拡がる充足感に満ちている人とでは、その表情も、かもしだす雰囲気も自然と違ってくるでしょう。早朝のヨガは、自分の体を整えているようで、それは内側をも整えているのです。

4. 自分が自分を愛すること

自分が自分を愛すること
出典:お寺ヨガTokushima

ここまでは目に見えやすい美しさを考えてきましたが、ここからは、より内面的なところへと入っていきましょう。

あなたは自分のことを心から愛していますか?

私たちは普段、周りの人からどんなふうに見られているだろうか?嫌われていないだろうか?と他人の目を気にして一喜一憂し、人から愛されることを望んでいます。でも、ヨガで大切にしているのは、「自分が自分のことを、どう思うか」ということ。私が私を心から愛せているか否かで、その人の発するエネルギー、周囲に与えているものは全く違ってくるのです。

こうしなくちゃいけない、こんなにやっているのに、というネガティブなオーラを感じさせる人と、楽しくてやっている、やりたいからやっている、という人から発せられる穏やかで輝いたエネルギーとは全く別のもの。その内側のパワーを増していくためには、何かをするときの原動力が、恐れではなく、愛情から発していることが大切です。そして、その根底に自分への愛情というベースがなければ、どこかでつまずいてしまうでしょう。

5. 内面の浄化

内面の浄化
出典:ワナカムヨガスクール

“内側から綺麗に”と口では簡単に言いますが、頭の中で考えていることや、抱いている感情は、本当に美しいものばかりでしょうか? YESと胸を張って答えることのできる人は、ほとんどいないでしょう。内側に汚いものを持ってはいけないということではなく、その感情や発想をいつまでも握りしめ続けることはやめたいものです。

こんな嫌なことを言われた、あの人はひどい、そんな感情が心の中でぐるぐると渦巻いたままでは、どんなに毎朝マットの上でヨガをしようとも、その効果は半減されることでしょう。ヨガでは、自分自身をしつけるのは自分である、と教えてくれます。いつもワンパターンに陥ってしまう思考の癖を断ち切ることができるのも自分であり、やりたくない、頭にくる、怖いというその負の感情を手放していくのもまた、自分にしかできないことです。

思考の癖に気づき、全てを手放すことは誰にとっても簡単ではありません。だからこそ、日々マットの上でのプラクティスを続け、自分の体の使い方の癖や、体が思うように動かない時に起こる感情と向き合いながら、少しずつ自分をしつけていきたいものです。

6. 良い習慣を続ける

良い習慣を続ける
出典:ワナカムヨガスクール

悪い癖をリセットし、良い習慣を身につけるための秘訣は、まずは何事も21日間続けること。最初のうちは多少の苦痛を伴いますが、21日間続けることで、それはいつか自然に習慣へと変わっていきます。早朝の朝ヨガの習慣もそう。21日間続けた先には、今の自分には想像もつかない自分がいるはずです。

朝ヨガが習慣になり、健康な体とマインドを手に入れることができれば内面的に満たされて内側から輝きだすでしょう。

7. 朝ヨガチャレンジ

朝ヨガチャレンジ
出典:ワナカムヨガスクール

早朝、自分のための時間を過ごす、そんな新習慣作りに最適なオンラインイベントが開催されます。

「1万人朝ヨガチャレンジ」

6月の21日間、画面を通じて全国、各国の参加者と、朝ヨガで繋がりましょう。オンラインで繋がりましょう。

良い習慣も一人でやり続けるのは難しいもの。そんな時、共に取り組む仲間は継続の大きな力になります。長引くコロナの影響で、人との繋がりも希薄になりがちな状況です。この時代だからこそ、オンラインで思いを共有する仲間と繋がり、朝ヨガで内側から輝く綺麗を手に入れましょう。

【1万人朝ヨガチャレンジ】特設サイト

情報提供元:GODMake
記事名:「朝ヨガで叶う、内側から輝く綺麗の作り方