年齢を重ねる毎に出始める影やくすみ。そして慌ただしい日々からくる疲れ。

毎日心身ともに生き生きとしていられたら…、と願う気持ちは常にあるけれど、良い時もあれば思うようにいかない時もあるのが現実。

疲れた顔やどんよりした自分の顔を見るのは、さらに気分を下げてしまう。

ならば、メイクで幸せそうなオーラをつくって、そこから一歩、“良い方向”に前進しましょう!

巡りが良く生き生きとした肌は、ぽわっと自然な血色感があります。今回は、その血色感をメイクや+αで纏うためのtipsをご紹介します!

ピンクニュアンスのハイライトを使う

ピンクニュアンスのハイライトを使う
出典:byBirth

どんよりしがちな目周りに、ピンクみを帯びたハイライトを使ってみましょう。

コンシーラーなどでクマやくすみのトラブルをきちんとカバーし、ふっくら見せたい目の下にはマットのピンク系ハイライトを、艶やかにキュッと上げて見せたいCゾーンにはパール入りのピンク系ハイライトを仕込んでみましょう。

ひとつ注意なのが、パール系のものは凹凸を際立たせる性質があるため、くぼみや影を目立たせたくない部分には控えること。顔立ちに合わせて、マット系・パール系と使い分けることが大切です。

いつものハイライトを、ピンクみを帯びたものにするだけで、ぐっと血色感が高まりますよ!

アイメイクにピンクを入れる

アイメイクにピンクを入れる
出典:byBirth

アイメイクにピンクを入れてみましょう。白っぽいピンクよりは、ピンクベージュやオレンジがかったピンクなど、“肌の色の延長にピンクがある”イメージが理想です。

アイシャドウでも良いですし、アイライナーやマスカラで投入するのもおすすめです。全部をピンク系にしなくとも、バランスを見ながら、まずはどれかひとつ取り入れてみて下さいね。

ピンク系のアイメイクは、目もとだけではなく、目周りの血色感も良く見せてくれるので、“今日はなんだかどんよりしてるな~”という時にぜひ活用してみて下さい。

耳たぶにチークを入れる

耳たぶにチークを入れる
出典:byBirth

マスクで頬のチークが隠れてしまう分、耳たぶにちょこんとチークを入れてみましょう。耳たぶにポッと自然な赤みがあるだけで、生き生きとした雰囲気が生まれます。

パウダータイプではなく、練りチークでほんの少しなじませるだけでOK。つけてるかつけていないか分からないくらいがベストです。

チークの色は、耳たぶを揉んだ時に出る赤みに近い色を選ぶと自然です。是非、頬のチークと併せて取り入れてみて下さいね!

ピンクやオレンジ系のアクセサリーをつける

ピンクやオレンジ系のアクセサリーをつける
出典:byBirth

メイクに+αとして、顔周りにつけるアクセサリーにも意識を向けてみましょう。

メイクはもちろんですが、ピアスやイヤリング、ネックレスなども血色感をサポートしてくれるアイテムです。ピンクやオレンジ、テラコッタカラーなど、是非メイクのカラーと合わせて取り入れてみて下さい。

“今日はメイクをゆっくりする時間がなかった!”という時にも役立つので、いざという時のために血色感アクセサリーを持っておくのも良いですね。

大ぶり小ぶり問わず、カラーバリエーションを何パターンか揃えておくと◎です。

ネイルカラーを味方につける

ネイルカラーを味方につける
出典:byBirth

顔とは遠い位置にある指先ですが、顔周りで動作をすることも多い指先。考え事をしたり、食事をする時、髪を直す時など…ふとした瞬間に顔周りで仕草をすることがたくさんあります。

指先にも血色感をプラスするカラーを取り入れると、手肌も生き生きと見えますし、ふとした仕草で顔周りにも明るい印象を与えられるのでおすすめです。

仕事柄、ベージュや肌なじみの良いカラーしか使えない!という方も、例えばベージュなら、ピンクみを含んだベージュやコーラル系ベージュなど、その色に含まれる(帯びる)色合いで血色感を意識してみて下さい。なじみが良い色だからこそ、より自然に血色感を演出できますよ。

是非、自分を生き生きと見せるネイルカラーを見つけてみて下さいね。

血色感
出典:byBirth

いかがでしたか?ポッと血色感のある雰囲気は、周りの人はもちろん、自分自身にもエネルギーを与えてくれます。

生活習慣や普段のケアで生き生きとした肌やオーラをつくることはもちろんですが、一瞬でパッと明るくしたい!という時に、是非メイクや+αの力を借りてみて下さいね。

チークやリップで血色感を表現できない今こそ、他のパーツにも目を向けて“幸せオーラづくり”を楽しみましょう!

情報提供元:GODMake
記事名:「大人女性に必須!幸せオーラを纏う血色感メイク+α