背中は見えない・届かないからケアを怠りがちに…

背中は見えない・届かないからケアを怠りがちに
出典:byBirth

背中は自分では見えにくいし、手が届きにくいからついついケアを怠りがちなパーツ。でもこれからの季節は、背中を見せるファッションに身を包むシーンも増えてくるので、人からはバッチリ見られていますよ。

そんな背中のケアは、ボディスクラブを使って古い角質を除去するのがおすすめ。古い角質が落ちることで肌がクリアになり、くすみのないピカピカの素肌が手に入ります。

また、古い角質が落ちれば保湿成分が浸透しやすくなるため、みずみずしい美肌へと導いてくれます。定期的に背中ケアをして、いつ見られても怖くないように準備しておきましょう!

背中の角質ケアにはボディスクラブがおすすめ!

背中の角質ケアをするには、ボディスクラブを使うのがおすすめです。

肌にやさしいアイテムや保湿ケアが同時にできるアイテム、香りで癒されるアイテムなどさまざまなボディスクラブがあります。

ここでは、背中の角質ケアにおすすめのボディスクラブを3つご紹介します。

ハウスオブローゼ Oh! Baby ボディ スムーザー N

ハウスオブローゼの「ボディ スムーザー」は、全身をつるつるにしてくれるボディスクラブです。古い角質をやわらかくして取り除いてくれるので、背中の素肌をなめらかに整えてくれます。

豊かな香りも特徴なので、リラックスしながら背中の角質ケアをすることができますよ。いい香りに包まれながら、つるつるすべすべの背中を目指しましょう。

SABON(サボン) ボディスクラブ

「SABON(サボン)」のボディスクラブは、死海の塩で作られたミネラル成分たっぷりのアイテムです。

美容成分も配合されているので、角質層まで浸透してお肌を整えてくれるすぐれもの。アーモンドオイルやホホバオイルなどのオイルがお肌をやさしく包み込み、滑らかに仕上げてくれます。

香りの種類が豊富なので、好きな香りで癒されながら背中の角質ケアをできるのも魅力の1つです。

Kneipp(クナイプ) シュガースクラブ

「Kneipp(クナイプ)」のボディ用シュガースクラブは、古い角質をやさしく除去しながら保湿ケアもできるすぐれたアイテムです。

天然の植物オイルが配合されているので、毛穴の汚れをスッキリと落とした後の肌に浸透し、しっとりスベスベのお肌を実現してくれます。

週1~2回程度を目安に使い続けることで、くすみのないクリアでやわらかな素肌へと導いてくれるでしょう。

背中に手が届かないときの便利アイテムを紹介!

背中の角質ケアにおすすめのボディスクラブをご紹介しましたが、手が届かないとうまくケアできないですよね。そこで、届かない場所もケアできる「ボディブラシ」をご紹介します。

Soaptopia(ソープトピア) Delux Super Soft Body Brush

「スーパーソフト ボディブラシ」は天然の豚毛100%のボディブラシなので、敏感肌の人でも使えるほど肌にやさしいのが特徴です。

背中や足などはもちろん、全身どこでも使えるので手が届かない場所のボディケアにぴったり。ボディソープやボディスクラブと一緒に使用することで、ピカピカの背中を手に入れられるでしょう。

背中をきれいに保つためのポイント

毎日お風呂で洗っていても、背中の肌トラブルはいつの間にか発生してしまいますよね。そもそも背中に角質がたまったり、ニキビができたりしてしまう原因とは何なのでしょうか?

背中が肌荒れしやすくなる習慣とともに、素肌をきれいに保つためのポイントをご紹介します。

洗髪時にシャンプー・リンスが背中につかないようにする

洗髪時にシャンプー・リンスが背中につかないようにする
出典:byBirth

背中にニキビができやすくなる大きな原因は、シャンプーやリンスが背中に残ってしまうからです。

シャンプーやリンスはシリコンを使用しているものが多く、素肌にべっとりとついてしまうので落ちにくいのです。そのため、洗髪時にシャンプーやリンスが背中につかないようにしましょう。

また、髪を洗ってから体を洗うこともポイントです。

通気性の良いトップスを選ぶ

通気性の良いトップスを選ぶ
出典:byBirth

背中は汗をかきやすく、皮脂の分泌が多いパーツです。そのため角質がたまりやすく、ニキビや吹き出物もできやすいのです。

なるべく通気性の良いトップスを選ぶことで、背中が蒸れにくくなり、肌トラブルを防ぐことができるでしょう。

髪の毛が背中に触れないようにする

髪の毛が背中に触れないようにする
出典:byBirth

薄着になると背中が広く開いたファッションをすることも多くなり、髪の毛が背中に触れてしまう場合があります。

髪の毛はきれいに見えてもさまざまな汚れが付着しているので、背中に触れることでニキビなどの肌荒れを引き起こしてしまうのです。

そのため、なるべく髪の毛が背中に触れないように髪をアップにしましょう。

見えなくても背中の美肌をキープ!

自分では見えない「背中」の角質ケアについてご紹介しました。肌にやさしいボディスクラブを使って、滑らかな素肌に整えましょう。

保湿ケアも同時にできるボディスクラブなら、まさに一石二鳥ですね。いつ見られても怖くないように、日頃からしっかりとケアしておきましょう。

情報提供元:GODMake
記事名:「見えないからって油断してない?背中の角質ケアは「ボディスクラブ」で解決