透けるような透明感のある肌・血色が良く潤いがある肌・毛穴のない陶器のような肌。

綺麗な肌といっても、なりたい肌の質感は人それぞれです。肌質に合ったものを選ぶ事も重要ですが、自分のなりたい「理想の肌」もベースで作る事ができるんですよ!

今回は下地の効果や、なりたい肌別の下地を紹介します。

下地ってなぜ必要?ベースメイクの効果とは?

下地ってなぜ必要?ベースメイクの効果とは?
出典:byBirth

「ファンデーションでカバー出来るから、下地は必要ないのでは?」「下地を塗るのが面倒くさい」という理由から、下地自体を使っていないという方も多いです。

しかし実は、「美肌作りの鍵は下地にかかっている」と言い切れるほど、下地は大切な過程なんです!

下地の効果は驚くほどたくさんあります。

  1. 肌の凹凸を均等にし、化粧ノリをよくする
  2. 乾燥、肌荒れを防ぐ
  3. くすみをカバーし、顔色を明るくする
  4. 紫外線から肌を守る
  5. 化粧崩れを防いで、長時間キレイな肌でいられる

これだけの効果があるのですから、下地をしない人は損をしていますよね。

透明感のある肌はブルー・パープルの下地を味方につけて

透明感のある肌はブルー・パープルの下地を味方につけて
出典:byBirth

女性は誰でも、透明感のある赤ちゃんのような肌に憧れますよね。「肌の色がくすんでしまっているから」と諦めていませんか?実は透明感は、下地で作ることが出来ちゃうんです。

化粧下地といえば、ベージュやピンクが定番でした。しかし、最近では肌悩みやなりたい雰囲気も人それぞれ違ってきました。そのため、下地も変化しているんです。

透明感を出したい時にオススメの下地は、ブルーとパープルの色味の下地です。

ブルーのコントロールカラーは黄ぐすみをカバーしてくれ、明るく白い肌に整えてくれます。赤みが少なく、血色のない黄色みの強い肌にはパープルがオススメです。

塗りすぎると逆に白浮きしたり、顔色が悪く見える可能性もあるので、少量をつけることがポイントです。

ジルスチュアート イルミネイティング セラムプライマー

ジルスチュアート「イルミネイティング セラムプライマー」は、透明感がアップする事で話題の商品です。パールの輝きで、明るくツヤのある肌に仕上げてくれます。

血色感のある潤い肌には断然ピンク!

血色感のある潤い肌には断然ピンク
出典:byBirth

疲れたり冷えてしまったりすると、肌に血色感がなくなって、「今日どうしたの?」「疲れてる?」なんて言われることがありますよね。そんな時には、ピンクの下地の力を借りましょう!

ピンクは、イエベさんでもブルベさんでも誰もが使える万能カラーです。白浮きすることも少なく、自然に肌をキレイに健康的に見せてくれます。女性らしく、明るい雰囲気を出したい時にぴったりなカラーです。

ピンクの下地は一つ持っておいて損はないカラーです。

AYURA トーンアップベース(サクラフローレット)

AYURA「トーンアップベース(サクラフローレット)」は、血色感の良い肌色に整えてくれるので、メイクした後の肌印象が変わります。

陶器のようなセミマット肌に変身しよう!

表面はつるんと滑らかで、内側から透明感が溢れ出す、まるで陶器のような肌。誰でも憧れたことがあるのではないでしょうか。

そのような艶感とマット感を合わせた肌のことを、「セミマット肌」といいます。最近はマスクを着用する時間が多くなったので、表面がサラッとしたセミマット肌を好む人が多くなりました。

「ベース」はセミマットな肌作りにも欠かせません。セミマット肌に仕上げる場合は、下地にはツヤ感のあるものを使用するのがポイントです。

マット過ぎず、抜け感のある女性らしい肌に仕上がります。

ポール & ジョー ボーテ モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S

ポール & ジョー ボーテの「モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S」は、内側から潤いと輝きに満ちた肌へと整えてくれますよ。

縁の下の力持ち!下地を仕込んで自分のなりたい肌イメージに近づこう!

下地を仕込んで自分のなりたい肌イメージに近づこう
出典:byBirth

自分のなりたい肌イメージから遠ざかっていませんか。ただファンデーションを塗るだけのメイクを続けていませんか。そんな方はまず下地を見直すことから始めましょう。

ベース1つで肌が確実に大きく変化します。下地はメイクの「土台」と言える重要なパーツです。その土台が安定するとファンデーションや、他のメイクの仕上がりにも大きな差が出るんですよ。

自分のなりたい肌タイプを考えて、服装や気分で肌作りを変えてもいいかもしれませんね。下地の種類やタイプも様々あるので、肌質に合ったものを選んでくださいね!

情報提供元:GODMake
記事名:「美肌作りは下地にかかってる?なりたい肌別ベースメイク