活躍の場をひろげているLEDライト

活躍の場をひろげているLEDライト
出典:byBirth

生活家電や街中のディスプレイなど、あらゆる場所に使用されているLEDライト。省エネなのに長く光り続けることから、私たちの暮らしの中でも身近な存在になっています。

それだけでなく、LEDの光が人体や植物の細胞の活性化や修復を促すという研究結果をNASAが発表し、医療の分野でも皮膚治療の一環として取り入れられるようになりました。

実は、LEDライトを肌に照射すると、さまざまな美容効果も期待できると言われています。そのため、美容業界では肌のお手入れとしても注目されており、サロンのトリートメントメニューとしても人気が高まっています。

現在ではホームケアLED美顔器も徐々に増えているので、自宅でのワンランク上の美肌ケアとしてもおすすめです。

LEDの美容メリットとは

LEDの美容メリットとは
出典:byBirth

LEDライトが持つ光の波長は、皮膚に届くと幅広い美容効果が期待できます。さらにLEDは基本的に紫外線を含まず、光る時の発熱量もとても少ないのです。

つまり、美肌を目指す上で避けたい【紫外線・熱・摩擦】の不安要素が低く、使用する際の安心感が高いのもLEDのすばらしさと言えます。

そのほかにも、LEDトリートメントの美容メリットは主に3つあります。

1. 痛みやダウンタイムがない

光を使用したトリートメントのなかには、照射時に痛みを感じたり、刺激が強くて肌が赤く腫れてしまうケースはあります。しかしLEDライトは痛みやダウンタイムがほとんどなく、不安要素が少ないことからトライしやすいという良さがあります。

2. 短時間の光照射でOK

サロンの美容機械やホームケア美顔器の種類にもよりますが、LEDライトの1回の照射は約数分~10分程度が目安。短時間の照射でOKなので気軽に始めることができ、定期的に照射することで美肌をサポートします。

3. ライトの色ごとに、期待できる美容効果が異なる

LEDライトにはいろんな光の色がありますが、色ごとに波長の長さが異なります。

波長の短い順から、【紫・青・緑・黄・赤・白】というチャートです。最も波長が長い白色LEDは、肌下の筋組織へもアプローチします。

青色は波長が比較的短く、主に肌の表皮に働きかけるカラーです。逆に波長の長い赤色の光は、表皮の底辺やその下の真皮にまで届きます。

つまり、ライトの色によって波長が届く範囲が違うので、期待できる美容効果が幅広いことも大きなメリットです。LEDトリートメントやLED美顔器を検討するときには、ライトの各色が持つ作用や美容効果を知っておくことが大切です。

LEDライトの色別美肌作用

LEDライトの色別美肌作用
出典:byBirth

LEDライトにはさまざまな色があります。そのなかでも、美容サロンやホームケア美顔器によく使用されている3つのライト色。その3色が持つ美肌アプローチは次の通りです。

青色

LEDの青色ライトは、他の色より比較的短い波長を持つ光です。そのため、肌の表面にアプローチします。

アクネ菌の繁殖をおさえ、皮脂分泌を整える作用が特徴です。ニキビケアや毛穴の引き締めにも効果的なので、脂性肌やニキビができやすい人には青色ライトがおすすめです。

黄色

黄色のLEDライトは、ちょうど青色と赤色の間の波長を持ちます。その波長は表皮の最下層に届き、メラニンの排出や肌のターンオーバーを促す作用を持ちます。

そのため、くすみが気になる人やシミ予防、うつくしい艶肌を目指したい人にぴったりのライト色です。

赤色

赤色LEDの光は、波長が長く、肌の真皮まで届きます。コラーゲンやそれを束ねるエラスチンが存在する真皮に働きかけ、その生成を促す作用があります。

肌のハリ感アップやシワ予防が期待できるので、エイジング対策にもGOODです。

LEDトリートメントの注意点

LEDトリートメントの注意点
出典:byBirth

LEDトリートメントの際は、下記のことに気をつけておきましょう。

光を直視しない

LEDライトを照射するときは、光は直視しないようにしましょう。眼球への刺激になる可能性があるからです。美容サロンなどでは、遮光ゴーグルを目元に置いてくれることが多いです。

ホームケアとしてLED美顔器を使用する場合は、光をじっと見つめないように気をつけましょう。

長時間の照射は避ける

連続照射や長時間の使用は、肌への負担が心配されます。1回約数分~10分程度の照射が目安です。そして、毎日の照射は避けましょう。

日数間隔をあけて定期的に照射することが、肌ケアとしておすすめです。ホームケアLED美顔器を使用する場合は、美顔器が推奨している使用頻度を確認するようにしましょう。

不安な場合はまず医師に相談する

繊細な肌質の人や光過敏症の人、または皮膚科で何か治療を受けている場合は、使用する前に医師に相談することをおすすめします。

また、紫色のLEDライトに関しては紫外線を含む場合もあるため、紫外線アレルギーがある人はその点にも注意が必要です。

まとめ

この記事では、LEDライトが持つ美肌作用&期待できる美容効果をご紹介しました。LEDトリートメントやLED美顔器を検討するときは、ぜひ参考にしてみてくださいね!

情報提供元:GODMake
記事名:「LEDでワンランク上の美肌ケア!期待できる美容効果とは?