「化学物質」が使われた歯磨き粉、使っていませんか?

歯磨き粉と言えば、泡立ちが良い=汚れが落ちやすいというイメージが強いですが、実はそれは大きな間違い。

歯磨き粉は食品ではないため「医薬部外品」という括りになり、食品では添加が禁止されている化学物質であっても、歯磨き粉には配合することが許されているということはあまり知られていません。

皮膚の何十倍も化学物質を吸収してしまうと言われている“口の中の粘膜”は、毎日知らず知らずのうちに歯磨き粉の成分を少しずつ体内へと取り込んでいるということを忘れずに居たいですね。

「化学物質」が含まれていないか早速CHECK!

「化学物質」が含まれていないか早速CHECK
出典:byBirth

口内炎などの原因が思い当たらない“口腔内のトラブル”に悩まされている方は、歯磨き粉の成分を見直してみることで、大きく改善される可能性もあります。

オーガニックの歯磨き粉を使うメリットとは?

オーガニックの歯磨き粉を使うメリットとは
出典:byBirth

1. 「体内」へ吸収されても無害。

オーガニック製の歯磨き粉には「化学物質」が配合されていないため、誤飲してしまっても身体に害がありません。子供やお年寄りまで、全ての方が安心して使うことができますね。

2. 「歯」や「歯茎」に負担がかからない。

市販の歯磨き粉によく含まれている「研磨剤」は、歯の表面についた着色汚れや歯垢を取り除くことは出来るかもしれませんが、デリケートな歯茎や歯のエナメル質を必要以上に傷つけてしまう恐れがあります。

一方でオーガニック製の歯磨き粉は、刺激が少ない天然由来の「研磨剤」が使用されているので、歯を長い時間磨いても負担がかからず、“歯茎マッサージ”にも最適です。

3.  歯磨きをした後の「味覚」にも悪影響がない。

皆さんは、歯磨きが終わった後に飲み物を飲むと味が変に感じたことはありませんか?

これは台所用や洗濯用の洗剤に使われている「合成界面活性剤」が歯磨き粉にも含まれていることが多いため、口の中の粘膜や舌と結合して味覚が麻痺してしまうことから起こります。

一方でオーガニック製の歯磨き粉は、歯磨き直後も味が変わらないので、食事や飲み物も美味しく頂くことができます。

“泡立ちの悪さ”には、実は嬉しい効果がある!

泡立ちの悪さ
出典:byBirth

発泡剤が含まれていないオーガニック製の歯磨き粉は、泡立ちが少ないことがデメリットとして挙げられることが多いですよね。ですがこれには、逆にゆっくりと時間をかけて丁寧に歯を磨くことができるという大きなメリットがあります。

さらに在宅ワークやマスク着用の生活が続き、表情筋を使うことが少なくなって固くなってしまいがちな「頬の内側」が歯ブラシによってほぐされることで、“小顔効果”まで得られるという嬉しいメリットも。

“オーガニック100%”の歯磨き粉はこちら

LEBON(レボン) DENTIFRICE TOOTHPASTE

南フランス発のオーガニックオーラルケアブランドが手掛けているこちらの歯磨き粉は、口の中の細菌増殖や歯垢の形成を予防する「有機緑茶」「有機アロエ」などヴィーガン認証済みの100%自然由来の成分のみで構成されています。
  
パイナップル、ローズ、シナモン、イランイラン、など、南フランスにある香水の都“グラース”から取り寄せたエッセンシャルオイルで贅沢に香りづけされた豊富な種類のフレイバーにもご注目。

ただの歯磨き粉とは思えないパッケージデザインの可愛さや、歯を磨き終わったあとの爽快感には感服です!

Davids(デイヴィッズ) ホワイトニングトゥースペースト

こちらの歯磨き粉は、独自の「ミントフレーバー」と厳選された「天然原料」のみをベースとして作られているのはもちろん、これ1つで「歯を白くする・歯垢を除去する・歯石の沈着を防ぐ・口臭を防ぐ」効果が同時に期待できるという優れもの。

ワインや煙草などによる歯の着色汚れが気になる方にもおすすめで、やみつきになるフレーバーが取り揃えられています!

そして容器には、リサイクル可能な金属製のチューブを採用するなど、地球環境への配慮も◎です。

Dr.Pauhls(ドクターポールス) Dental Tube

韓国発のブレスケアブランドが手掛けるこちらの歯磨き粉は、有害な成分11種を添加せず、EWG※1等級の安全な成分のみを使用して作られているだけではなく、海外の有名企業との協業で開発した独自の「ナチュラルエッセンシャルオイル」が使われているのだとか。

そしてまるで香水のように、トップ⇒ミドル⇒ベースと、歯磨きをする間に3段階のフレーバーの変化が楽しめるというのも、Dr.Pauhls(ドクターポールス)ならではのユニークな特徴。3種類あるフレーバーの中でも、バニラ⇒紅茶⇒ミントと移り変わる『Vanille Black Tea』は私一押しです。

※EWG(環境ワーキンググループ/Environmental Working Group)とは

人間の健康的な環境生活を保護するため、食料や化粧品などの分野で研究や啓発活動を行う非営利団体です。

いかがでしたか?

手指消毒のみならず、適切な歯磨き習慣こそが免疫力や健康体を保つ上でとても重要になりますよね。

コロナ禍の影響で意外にも“お口の中”の不調を感じている方が増えている今だからこそ、ぜひこの機会に「オーガニック口腔ケア」を始めてみてはいかがでしょうか。

情報提供元:GODMake
記事名:「口に入るものだからこそ慎重に選びたい!おすすめの『オーガニック100%の歯磨き粉』3選