苦しい便秘、どうにかしたい

苦しい便秘、どうにかしたい
出典:byBirth

どんなにメイクを頑張っても、体の中に不純物が溜まっていては透明感は出ず、くすんだ印象になりがち。そう、便秘はいつも美容の大敵なのです。できることならいつも体がリセットされ、巡りの良い状態でありたいですよね。

長年悩んで見つけた便秘改善法

長年悩んで見つけた便秘改善法
出典:byBirth

実は筆者も便秘に悩み続けてきました。とくにダイエット中に便秘になると、体重が落ちづらくなり、気持ちも沈みがちに…。

そんな私が、色々な方法を試し見つけた便秘解消法を紹介します。これからご紹介する方法は、体質によって合う合わないがあるため、お試しの際はご自身の体調を考慮しながら行っていきましょう。

朝は大さじ1杯のココナッツオイル

朝は大さじ1杯のココナッツオイル
出典:byBirth

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸という栄養分には、胃腸を活発に動かす効果があるのだとか。私自身、ココナッツオイルを大さじ1杯そのまま「パクッ」と食べると、格段にお通じが良くなるのを感じました。

朝起きたら最初に口に入れるものを、大さじ1杯のココナッツオイルにすると、消化が促されるのを実感できます。

おすすめの摂取量・タイミング

ココナッツオイル
出典:byBirth
  1. 通常サイズのスプーンに、わずかに山盛りになるくらいのココナッツオイルを入れる。
  2. そのまま1口で摂取する。

おすすめの商品は『ブラウンシュガーファースト 有機エキストラバージンココナッツオイル』です。成城石井などでも手に入れることができます。

毎日10分、軽めの腹筋

毎日10分、軽めの腹筋
出典:byBirth

オイルを摂取してもダメなとき、腹筋が一番有効でした。私はもともと腹筋が弱く、普段お腹の筋肉を使う習慣がありませんでした。しかし軽めの腹筋を毎日行うようになったところ、便秘に悩まされることがなくなったのです。

おそらく、腹筋をすることで腸のぜんどう運動が活発になり、便秘解消に繋がったのだと思います。ベッドの上で5分~10分でもいいので、初心者向けの腹筋運動を毎日コツコツしていくのがおすすめです。

おすすめの腹筋運動とそのやり方

ツイストクランチ

ツイストクランチは“ひねり”を加えたクランチなので、お腹全体に力が入りやすくおすすめです。

ツイストクランチ
出典:byBirth
  1. 仰向けに寝転がる。
  2. 両手を頭の後ろに構える。
  3. 右足を90度に曲げる(左足でも良い)
  4. 右足の膝と左腕の肘をくっつけるようにお腹に力を入れる。
  5. 左足の膝と右腕の肘をくっつけるようにお腹に力を入れる。

4と5を1セットにカウントし、10回繰り返す。

レッグレイズ

レッグレイズは下腹に力が入りやすいので、お腹が出ているのを気にしている方にもおすすめです。

レッグレイズ
出典:byBirth
  1. 仰向けになる。
  2. 脚を90度持ち上げる、伸ばす。
  3. そのまま床につくかつかないかくらいのところまで、脚をまっすぐにしたまま下ろしていく。

ツイストクランチもレッグレイズも、寝転びながらできるので、勉強やお仕事の隙間時間に行うのがおすすめです。

毎朝白湯、すきま時間も白湯

毎朝白湯、すきま時間も白湯
出典:byBirth

胃腸があったまると動きも活発になります。あたたかい飲み物を飲むと、胃腸がホッと休まるかんじがしませんか。

実際に、白湯を飲むと胃腸が温まります。胃腸のみならず、体全体がポカポカしてくるのを感じられるはず。朝一に飲むだけでなく、喉が乾いた時など頻繁に飲むことで、より効果を発揮してくれますよ。

水溶性食物繊維を意識して摂取する

水溶性食物繊維を意識して摂取する
出典:byBirth

便秘解消に効果的と昔から有名な食物繊維ですが、主に2種類、「不溶性食物繊維」「水溶性食物繊維」があります。

不溶性食物繊維はさつまいもなどに含まれています。これは水に溶けにくく、便が硬い人が摂取すると余計に硬さが増し、便が出にくくなるということもあるのだとか。そんなときは海藻や果物などに含まれている水溶性食物繊維を摂取しましょう。

不溶性食物繊維で便秘が改善しないときに、水溶性食物繊維を食べると便秘が解消したことがありました。心当たりのある方はぜひ試してみてください。

めぐりを良くして内側から美BODYへ

めぐりを良くして内側から美BODYへ
出典:byBirth

めぐりを良くすれば、肌の血色感・透明感がアップし、より美しい姿になれるはず。そのために、まずは便秘対策から始めてみてください。

きっともうワンランクアップした美BODYが手に入るはず。

情報提供元:GODMake
記事名:「便秘知らずの美BODYへ!体の巡りをよくする「美習慣」3選を紹介