内側にレフ板を仕込んだかのような輝き肌に!

内側にレフ板を仕込んだかのような輝き肌に
出典:byBirth

しっかりスキンケアをして眠ったはずなのに、朝目が覚めるとどんより元気のない肌になっていることってありませんか?

特に私は30代を過ぎたころから、どんなに入念にスキンケアをしても、インナーケアを怠ってしまうと肌のくすみがひどくなりました。かといって忙しい毎日に、インナーケアまで気を遣うことはなかなかできませんよね。

そんなときに見つけた「SAMU(サミュ)」のpHクリーム。これを使うと、翌朝の顔が元気に満ち溢れたみずみずしい仕上がりになるので、早速ご紹介します。

そもそもpHクリームとは?

そもそもpHクリームとは?
出典:byBirth

フリーアナウンサーの田中みな実さんが愛用していると、美容雑誌でお話しされてから話題となった「SAMU(サミュ)」のpHクリーム。

韓国のスキンケアブランドのもので、現地では以前から人気のブランドだったそうです。中でも人気のpHクリームは、自分の肌の一番最適な状態を維持し、うるおいはなんと48時間も衰えないつくりになっています。

お肌を弱酸性の状態に近づけるため、弱った肌もイキイキとした見た目に生まれ変わります。

また高い保湿力を誇っているため、夜使えば翌朝まで潤ったお肌に。朝のメイク前に使うと、自然なツヤ感を得ることができます。

使い心地はどう?

使い心地はどう?
出典:byBirth

もったりとしたテクスチャで、一見伸びが良くないように思いますが、肌の上にのせるとスルスルととろけて、とても塗りやすいです。優しくて高級感のある香りが、一日の疲れを癒してくれること間違いなしです。

何よりも驚きなのが、このもったりとしたテクスチャにも関わらず、べたつかないところ。塗った直後はベタベタするかな?と不安になりますが、時間と共に肌の奥深くまで浸透していることを実感します。

ふっくら、もっちりとした肌に仕上がるのに、決してべたつくことはないので、朝のメイク前に使用してもいいかもしれません。

まるでレフ板!自然な水光肌に仕上がる

自然な水光肌に仕上がる
出典:byBirth

乾燥が気になるからと、いくつものスキンケアアイテムを塗ってしまい、結局メイクが午後にはヨレていた…なんて経験ありませんか?また混合肌や脂性肌の方は、メイクでツヤ肌を作ることが難しいですよね。

混合肌の私ですが、このpHクリームをメイク前に使って、しばらく浸透させてからベースメイクを作ったところ、午後からの肌がちょうどよい水光肌に仕上がっていました。

ギトギトとした脂っこいツヤではなく、レフ板で照らしたかのようなツヤが生まれていたのには驚きました。

これは、pHクリームならではの効果で、肌の水分量をちょうど良い状態に持っていってくれるため、時間が経ってもメイクが嫌な崩れ方をしないよう手助けしてくれています。

とにかく低刺激

とにかく低刺激
出典:byBirth

海外製品のクリームって、効果が高いものこそ肌に刺激があるように感じませんか?少しピリピリしたり、ひどい時には赤みが出てしまったり…と、肌トラブルにつながることも多々あります。

しかしこのpHクリームは、とっても低刺激。肌への負担を感じることなく、気持ちよく使い続けることができます。

敏感肌の方でも安心して使える成分が配合されており、中でも注目すべきは、鎮静効果があるツボ草エキスが配合されているところ。クリームの重たさに肌が負けて、赤みが出てしまう方もいるかもしれませんが、鎮静効果のあるツボ草エキスのおかげで、肌への刺激が緩和されて、逆に赤みや吹き出物にも効果を発揮します。

肌悩みが多いと、あっさりとしたシンプルケアになりがちですが、pHクリームを使って肌を正常な弱酸性に保つことで、肌荒れ解消につながるかもしれません。

クリームだけでなくライン使いも可能

クリームだけでなくライン使いも可能
出典:byBirth

芸能人の愛用者が多く、pHクリームだけが独り歩きしているところもありますが、「SAMU」には洗顔、化粧水、美容液、日焼け止め、フェイスパックとアイテムが揃っています。

そのため、クリームだけの単品使いで肌の調子を整えるのではなく、ライン使いをして健やかな肌に導くことも可能です。

日本ではまだドラッグストアなどで手軽に購入するのが難しいですが、通販サイトなどでは購入が可能ですので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

テクニックなしで水光肌は作れる!

ハイライトを使って、シェーディングを入れて…とテクニックが必要なベースメイクですが、SAMUのpHクリームを使えば簡単に水光肌を手に入れることができます。

クリームを塗った直後の肌の感触が気になる方は、一度ティッシュで軽くクリームの油分を抑えてからベースメイクに入ると、気持ちよくメイクに取り掛かれるかと思います。

ツヤツヤと輝く、くすみのない美肌は、いくつになっても女性のあこがれですよね。pHクリームを仕込んで、若々しいお肌を手に入れてくださいね。

情報提供元:GODMake
記事名:「「pHクリーム」って何?SAMU(サミュ)のpHクリームで簡単水光肌をつくろう