ベースメイク界の革命!花王、最先端技術「ファインファイバーテクノロジー」

ベースメイク界の革命
出典:byBirth

肌の上に「極薄膜」を形成

花王 最先端技術「ファインファイバーテクノロジー」
出典:byBirth

「いつものメイクでは隠せなかったシミを、まるで消えたようにみせることができる」。そんな革命的なアイテムが、est(エスト)から発売されました。

エストのバイオミメシスヴェールは、専用の美容液をつけた後に、小型機器で肌上に極細繊維を吹きつけることで、極薄の潤いヴェールを肌上に形成。一晩中潤いヴェールで肌を覆うことで、肌が生まれ変わるのに最適な湿潤環境を整え続け、つるんとなめらかな肌へと導くといったナイトケアです。

そこへ、2021年3月5日にはバイオミメシスヴェール専用の化粧下地「バイオミメシス ヴェールフィクサー」が新発売。いつものベースメイクに取り入れることで、ファンデーションを厚塗りしなくても、頬の濃いシミまで見事にカバーすることができます。

極薄膜も、まるで自分の肌そのもののように自然。これまで感じたことがなかった見事な仕上がりは、一度使うと手放せなくなること間違いなしです!

使い方や使用上のポイントなどがあるので、今回は筆者のレビューと合わせて詳しくご紹介していきます。

エスト「バイオミメシス ヴェールフィクサー」新発売

エスト「バイオミメシス ヴェールフィクサー」新発売
出典:byBirth

今回のメインは、新しく発売された「バイオミメシス ヴェールフィクサー」という化粧下地です。

こちらは化粧下地ですが、ヴェールポーションという極薄膜のもととなる化粧液をセットしたヴェールディフューザーで肌に極薄膜を形成した後に使用します(液体ファンデーション使用の場合)。そうすることで、まるでシミが消えたようにみせることができるんです!

ジェルのような透明な液で、伸ばすとベタつかずサラッとします。

家でも手軽に使える!美しいバイオミメシス ヴェールメイクの仕上げ方

使用するのは、主に下の3点

美しいベースメイクに仕上げるバイオミメシスの使い方
出典:byBirth

まずは簡単に、使用するアイテムの順番からご紹介します。手順は下のようになります。(今回、液状ファンデーションを使用した場合の使用方法をご紹介します。)

  1. 化粧下地・液状ファンデーションをつける
  2. ヴェールディフューザーで、頬に極薄ヴェールを吹きつける
  3. 膜の上から「ヴェールフィクサー」をなじませる
  4. 液状ファンデーション(シミ等をカバーしたい場合)
  5. おしろい

今回ファンデーションは、エストの「ラスティング グロウ リキッドファンデーション」を使用していきます。美容液のように軽くてみずみずしい使用感のファンデーションです。

上手に馴染ませるには?詳しい使い方を解説!

詳しい使い方を解説
出典:byBirth

STEP 1

化粧下地(液状ファンデーションの場合はファンデーション)を塗った後、ヴェールディフューザーで、頬に極薄ヴェールを吹きつけます。

ヴェールの塗布範囲は頬上部のみです。目や口の周りなど、よく動く部分までヴェールがかからないように注意します。

STEP 2

極薄のヴェールの上に、ヴェールフィクサーを透明になるまでなじませます。ヴェールを吹きつけた範囲より広めになじませると膜がはがれにくくなります。

肌表面が滑らかになり、一緒に使うファンデーションのカバー力を高めてくれます。

STEP 3

液状ファンデーションをカバーしたい部分に、こすらず、おさえるようにして重ねます。ヴェールを塗布した部分からはみ出さないように塗布するのがポイントです。

また、ヴェールの上は色づきがよく、カバー力がアップするので、少しずつ様子を見ながら重ねていきます。

STEP 4

顔全体におしろいをつけます。こすらず、優しくのせるのがポイントです

コレだけは気をつけたい!使用上の注意点

使用上の注意点
出典:byBirth

先ほどにも書いたように、ヴェールフィクサーを引きずるように馴染ませると膜が写真のように剥がれてしまいます。また、ファンデーションを膜の上から重ねる際、膜より広い範囲に馴染ませると、皮膚と膜の境目が目立ってしまいます。

「優しく押さえるように馴染ませる」「ファンデーションはヴェールの範囲からはみ出さない」この2つを注意すれば、綺麗に仕上げることができます。

一風変わったベースメイクアイテム。ありそうな疑問点を解消!

一風変わったベースメイクアイテム
出典:byBirth

クレンジングはどのようにするの?

夜にメイクを落とす際は、まずはヴェールを指で剥がし、それから通常のクレンジングを行うのがいいようです。できるだけ爪を立てず、肌をこすらないように優しくゆっくり剥がしましょう。

マスクによって崩れてしまうことはないの?

筆者が使用してみた感想になりますが、マスクを押し当てるような動作がなければ剥がれることはありませんでした。ただ、マスクをしっかり肌に密着させたり、喋っている際にマスクが肌に擦れるとやはり剥がれてしまうので、個人差はあるかと思います。

マスク無しで過ごす場合、肌をこすらず触るぐらいであれば、簡単に剥がれることはなかったです。

実際に使用してみた感想

最初はディフューザーを吹きつけるのが難しかったり、馴染ませる範囲や力加減が難しくて膜が剥がれてしまったりなどがありましたが、2、3度使えば綺麗に馴染ませることができました。

また、皮膚の動きに合わせてヴェール膜も動いてくれるので、違和感もないです。何より厚塗り感なく肌が美しく見えるので、少しの手間があっても毎日でも使いたくなる使用感!

剥がした膜は驚くほど薄く、綺麗に馴染ませることができれば皮膚と一体化され、「もともとの肌が美しい」かのような仕上がりが叶います。

これまで、濃いシミは何を使っても隠せない…と思っていた方は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

新製品 概要

2021年3月5日 新発売

  • エスト バイオミメシス ヴェールフィクサー 30g・全1種 6,600円(税込)

情報提供元:GODMake
記事名:「最先端技術!一度使うともう手放せない、est「バイオミメシス ヴェールフィクサー」