アイメイクの正しい落とし方とは

アイメイクの正しい落とし方とは
出典:byBirth

アイメイクの正しい落とし方は、結論として「丁寧に落とすこと」が大切。「当たり前のことじゃん」と思う方も多いと思いますが、意外とこれができていない方が多いんです。

目元は、皮膚がとても薄く刺激に非常に弱いので、「こすること」は絶対に辞めましょう。

アイメイクの落とし方手順

  1. アイメイク専用のリムーバーをコットンにたっぷり含ませる。
  2. コットンをまぶたの上に置く。
  3. 10秒ほどでアイメイクが浮いてくる。
  4. そっと撫でるように拭き取る。
  5. 顔全体のクレンジングをする。
  6. ぬるま湯で洗い流す。

この時、絶対にこすらないようにしましょう。一度でアイメイクが落ちない場合は、もう一度新しいコットンでそっと拭き取ります。

アイメイク専用のリムーバー!おすすめの選び方解説

アイメイク専用のリムーバー
出典:byBirth

あなたは、アイメイク専用のリムーバーを使用していますか?使用している化粧品がウォータープルーフの場合は、アイメイク専用のリムーバーもウォータープルーフタイプのものを選びましょう。

注意点として「ウォータープルーフ」と言ってもメーカーによって作り方が異なります。フィルムマスカラやワックスで固めているタイプのマスカラなど様々です。フィルムマスカラであれば、「お湯でカンタンにオフ」することができるものもありますが、メーカー専用のリムーバーでないと落とせない場合もあります。

いつも使っているリムーバーで落とせないからと言って、無理やり落とそうとしてしまうと、まつ毛が抜けてしまったり、皮膚に負担がかかり色素沈着となる場合もあります。絶対に無理に落とそうとすることは辞めましょう。

リムーバーは非常に洗浄力が強く、お肌に強い刺激となってお肌トラブルの原因にもなります。少しでも違和感を感じたら、リムーバーを使用しなくても落とせるタイプのメイクに変更することをおすすめします。

メイクを落とさずに寝ると3歳も年を取ります

メイクを落とさずに寝ると3歳も年を取ります
出典:byBirth

「疲れているしメイクを落とすのが面倒…。そのまま寝てしまおう」という経験は誰にでもあるはず。しかし、メイクを落とさないで寝るだけで、なんと3歳も年をとると言われています。

実際に3歳年を取る訳ではないですが、それほどお肌に負担がかかります。どうしても、仕事から帰宅後に疲れてそのまま寝てしまうという方は、「ミネラルタイプ」のファンデーションを使用すると良いでしょう。ミネラルタイプのファンデーションであれば、お肌に負担がほとんどかからず、「つけたまま寝てもOK」とも言われています。

とは言っても、もちろん、メイクは落としてから寝たほうがお肌のためです。その理由を解説します。

理由1:お肌のターンオーバーが上手くいかなくなる

特にファンデーションは、油性の成分が主に配合されています。この成分を放置してしまうと、汗と皮脂が混ざり合うことで酸化していきます。

この汚れが毛穴に入ってしまうと、お肌の生まれ変わりであるターンオーバーが上手くいかなくなり、お肌がどんどんボロボロになります。お肌トラブルが起きている時は、このターンオーバーが上手くいっていない証拠です。

理由2:顔にダニが発生する可能性がある

顔ダニとは、90%以上の割合で顔に生息していると言われているダニです。この顔ダニの量が増えると、皮膚の炎症を引き起こします。

メイクを落とさず寝ることで顔ダニが発生する原因は、毛穴に詰まりやすい皮脂や油が顔ダニの大好物だからです。ニキビや肌荒れを起こさない為にも、寝る前にメイクオフをしましょう。

メイクオフせずに寝てしまった!対処法を知って美肌を手に入れよう

対処法を知って美肌を手に入れよう
出典:byBirth

メイクオフせずに寝てしまうことで、どれだけお肌に負担がかかるか理解できたと思います。しかし、「本当に疲れていて、メイクオフせずにいつの間にか寝てしまった」ということはこの先も起こる可能性がありますよね。

そんな時の対処法をご紹介します。対処法なので、「どうしても」という時だけにしましょう。

メイクオフせずに寝た翌日の過ごし方

  1. まずお風呂に入る。(難しい場合は蒸しタオルを約3分当てる)
  2. 温まることで毛穴を開く。
  3. メイク用品に適したクレンジングと洗顔でよく汚れを落とす。
  4. たっぷりと保湿をする。

メイクオフをせずに寝てしまった日は、是非試してみてくださいね。お肌を保湿した後は、お肌に良いビタミンなどのサプリメントを飲んだり、栄養バランスに注意したりすることも大切です。

お肌の外側からだけのケアではなく、内側からのケアも意識していく習慣をつけると、どんどん理想の美肌に近づくことができます。特に不織布マスクでお肌が荒れやすい今、マスクをつけなくても良い時間は、お肌をしっかりと労わってあげましょう。

どうしてもマスクの摩擦でニキビや色素沈着ができやすい時代です。このお悩みを抱えているのはあなただけではありません。ストレスもお肌トラブルの原因となるので、ストレスを少しでも発散できるような趣味の時間を過ごしたり、いつも頑張っている自分にちょっとしたご褒美をあげたりしてくださいね。

情報提供元:GODMake
記事名:「マスク生活で気合いの入るアイメイク!正しく落とせていますか?