記事紹介

V3ファンデを溺愛中の私が、溺愛ポイントとたった一つの欠点をお伝えしていく記事です。「V3ファンデ気になっていた~!」なんて方は、購入するか否か参考になる記事。「現在V3ファンデ使ってるよ」なんて方はきっと共感していただける記事になっています。

イエベの私が個人的に感じたV3ファンデのいいところと少し残念に感じたところ、そしてその残念ポイントをどう改善したのかをご紹介していきます!

V3ファンデ
出典:byBirth

目次

  1. そもそもV3ファンデとは?どこで買える?
  2. 溺愛ポイント(1)ツヤ感
  3. 溺愛ポイント(2)スキンケアをしながらメイク
  4. たった一つの残念ポイントは色?!
  5. こう塗って、艶と色を両立させる
V3ファンデとは?
出典:byBirth

1. そもそもV3ファンデとは?どこで買える?

そもそもV3ファンデとは?どこで買える?
出典:byBirth

お値段と購入場所

お値段は8,000円(税別)。

知り合いのサロンさんで購入いたしました。ネット上には偽物も多く出回っているようで注意が必要。本物にはシリアルナンバーが刻まれています。信頼できるサロンさんで購入するのが安心です。マツエクサロン、エステサロン、温活サロンなど、様々な分野の美容サロンで取り扱っています。

ファンデに針が入ってる…って痛くないの?

V3ファンデとは「針ファンデ」なんて名称で親しまれていて、InstagramなどのSNSで目にしたことのある方も多いのでは?

「スピケアV3 エキサイティングファンデーション」は、世界初の天然針水光注射ファンデーションと言われているそう。ファンデのなかに極小の針が入っていて、その針がスキンケアやリフトアップを叶えてくれるなんて優秀ファンデです。

針といっても海綿から抽出される天然針「スピキュール」というものだから、全然痛くはないんです。V3ファンデを塗っても「え?針どこに入っていたの?」と、針のザラザラ感は全く感じません。

肌に入った針は、どこにいくの?

どうやらこの針に特殊な培養液がコーティングされており、長い時間お肌に美容成分を留める仕組み。メイク時間を美容時間・スキンケアの時間に変えてくれる…なんて夢みたいな時代がもう来てるわけです!

なんだか針がずっと肌に入ってるなんてコワイ…、その針どうなるの?とも思うのですが、この「スピキュール」は48時間~72時間肌にとどまった後、自然に排出されるそう。

なんとカラバリなし!一色展開

特殊な技術で、肌に乗せると、その肌の持ち主の自然なカラーを演出できるために、カラバリはなく一色展開なんです。使用前はここがとても不安で、「本当に私の肌色を再現できるの…?(疑いの目)」と思っていたのですが、結果はいかに?

なんとカラバリなし!一色展開
出典:byBirth

保湿の後の直塗りが可能?

保湿ケアをした後、日焼け止めや下地を塗らずに、直接お肌に乗せたほうが美容効果が最大限に引き出されます!とメーカー様サイトにはあります。

私も実際にローション・ミルクローションの後にお肌にイン!しています。UV機能もありです。8,000円というお値段も、直塗りが可能で、化粧下地がいらなくなってくると、一気にコスパが良く感じてきます。人にもよりますが、ほぼ毎日ファンデを塗る私が一回半プッシュ~0.7プッシュ使用して、2~3ヶ月は持ちました!

2. 溺愛ポイント(1)即ツヤ

V3ファンデの私の溺愛ポイントは、何と言ってもツヤ感。そう、ツヤツヤなんです。ツヤツヤというより、ちゅるちゅるな肌に仕上がります。

ツヤ感にもお好みがあると思うのですが、オイルっぽいつるんとしたツヤが好きな方や、内側から発光するような強めのツヤ感が好みの方には刺さると思います。反対に、セミマットな陶器肌にパウダーハイライトで仕上げ…というようなハイカバーな仕上がりを好む方には「水っぽすぎる」と感じてしまうのでは?とも思います。私は俄然ツヤツヤ大好物派、クッションファンデLOVE派なので、溺愛中です。

すごいのが、化粧下地も日焼け止めもなし、保湿だけしたお肌に乗せるだけでツヤツヤ(私は勝手に即ツヤと呼んでます)なのが中毒ポイント。この即ツヤの便利さ・時短・コスパはなかなか抜けられない…。

即ツヤ
出典:byBirth

3. 溺愛ポイント(2)スキンケアをしながらメイク

ハイブリットファンデ…なんて言われて、メイクの時間をスキンケアにするというコンセプトのファンデはググッと増えてきています。もちろんこのV3ファンデもそのひとつ。

ファンデを朝から夕方までつけたとして、9時間肌にのせて9時間美容成分が届く…という商品は多いのですが、このV3ファンデの「針」がお肌にとどまる時間は48~72時間。確かに「お肌のハリ」に効いている実感がありますし、私の場合はなぜか使い始めて「目の下のクマ」が薄くなりました。嬉しい誤算。

もちろんスキンケア用品はそのまま。ファンデだけをV3に変えたところ、クマが薄くなった実感があったので、針がまとっている美容成分がいい仕事をしてくれたのかなあ?なんて個人的には感じています。

つけた時だけ肌が綺麗になるんじゃなくて、肌そのものが綺麗になっていくので好きです。これはリピする甲斐のあるファンデだなと感じています。

スキンケアをしながらメイク
出典:byBirth

4. たった一つの残念ポイントは色?!

ここまで溺愛ポイントをご紹介してきましたが、残念なポイントもあります。それは色。私はイエベ・少し落ち着いた暗めの肌色という感じですが、私にはやはり【白すぎる】。

お肌に乗せると、お肌の色に馴染むために一色展開とのことなのですが、確かに、塗った直後よりも時間が経つと馴染みます!!ただ、私の肌が黒すぎるのか、私のお肌のトーンにまでは到達しない感じがあります。ここだけが唯一残念!

説明書通り、顔の中心から側面に引き上げるように…、顔を上段・中段・下段に分けて塗っていく…、一回ワンプッシュで全顔…と塗っていくと、私には白すぎて違和感。首と顔の色が違う、あの残念な「白塗り感」の誕生です。

5. こう塗って、艶と色を両立させる

艶と色を両立させる
出典:byBirth

試行錯誤した結果、私はこんな塗り方で使っています。

量:半プッシュ~0.7プッシュ(最後まで押し切らないくらい)
場所:顔の中心のみ(おでこの真ん中・鼻・鼻下・頬の上側・顎の上半分に。輪郭周り、エラまわり、おでこの周りには日焼け止めだけ)

ポンポンとスタンプのように塗る。顔の真ん中から引き上げるように塗る塗り方はそのまま。ファンデーションの量を減らして、塗る箇所を中心のみに変えると、暗めの肌色の私にも馴染むし、顔の中心だけにツヤが集まって立体感も生まれていい感じです。

1プッシュで全顔でもなんだか少ない?と感じてしまいますが、さらにそれより少なく半プッシュ~0.7プッシュで十分。この塗り方だと顔の端っこが無防備になってしまうので、顔の端っこ(生え際・エラのあたり・顎先)には日焼け止めをのみを塗って色はそのままに。

試行錯誤して、結果こんな使い方をしています。V3ファンデのツヤ・スキンケア効果・肌馴染みのいいとこどりができて、納得の肌作りができて、けっこう気に入っています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

情報提供元:GODMake
記事名:「イエベの私が「V3ファンデ」愛用中!ただ一つの欠点、それをカバーする塗り方とは?