肌を健やかに保つために欠かせない朝夜のスキンケア。朝と夜ではスキンケアの目的が異なるため、スキンケアの順番が変わります。そのため、正しいスキンケアの順番がややこしくて分かりにくいと感じる人も少なくありません。

本記事では、朝と夜のスキンケアの順番について紹介します。朝のスキンケアは「洗顔→化粧水→乳液・クリーム→日焼け止め」、夜のスキンケアは「クレンジング→洗顔→化粧水→乳液・クリーム」の順で行います。

スキンケアについて

スキンケアについて
出典:byBirth

スキンケアは、顔の洗浄と保湿を、朝と夜の2回行います。スキンケアを行うことで、肌を清潔に保ちトラブルが起こりにくい状態にできます。

ただし、朝と夜ではスキンケアの目的が異なるため、順番が少し変わります。ここでは、朝と夜のスキンケアの「目的」と「順番」について紹介します。

朝のスキンケアの目的

朝のスキンケアの目的
出典:byBirth

朝のスキンケアには、次の2つの目的があります。

  • 寝ている間に分泌された汗や皮脂、ほこりが付着した顔を洗浄する
  • 日中の紫外線から肌を守る

寝ている間は、とくに活動をしていないため顔が汚れたという意識は少ないでしょう。しかし、汗や皮脂の分泌は夜中も行われており、寝具や空気中のホコリなども顔につくため、実際は汚れが溜まっています。

顔についた汚れは、水洗いでは落ちにくいため、洗浄力に優れる洗顔フォームで洗う必要があります。

また、起床時、体は脱水状態になっており、肌の水分も少なくなっています。そのため、化粧品で保湿してうるおいを補給することが大切です。

さらに、日中は紫外線が差し込むため、日焼け止めクリームを塗るなどの対策が必要です。

朝のスキンケアの順番

朝のスキンケアの順番
出典:byBirth

朝のスキンケアの順番は次のとおりです。

1. 洗顔

洗顔は、洗顔フォームを使って、汗や皮脂、ほこりなどの水溶性の汚れを落とします。

洗顔フォームは、泡のキメが細かいほど汚れの吸着率が高まるので、しっかりと泡立てて使いましょう。洗うときは、泡を顔の上で転がすようにして行います。

すすぎは30回以上行い、すすぎ残しをしないようにすると、ニキビなどの炎症を予防できます。また、肌の乾燥を防ぐために、高温のお湯を使わず水温は35度程度を守ることも重要です。

2. 化粧水

化粧水は、肌にうるおいを補給し、起床時の乾燥をやわらげます。また、洗顔後は乾燥しやすいので、化粧水を使うと肌が整います。

化粧水は、適量をコットンにとって湿らせ、顔全体に細かくパッティングをして肌に入れ込みましょう。毛穴は下を向いているため、下から上に向かって肌を持ち上げるようにして行うと、化粧水がよく浸透していきます。

コットンと肌の間に摩擦が起こらないように、化粧水が足りなくなったらコットンにすぐに追加することが大切です。

3. 乳液・クリーム

乳液・クリームは、化粧水の成分を閉じ込め、うるおいを持続させます。また、肌の油分と水分のバランスがよくなり、皮脂の分泌が抑えられてメイク崩れも予防できます。

乳液・クリームは、量が多すぎるとべたつきの原因となるため、少量を薄くのばして使用するとよいでしょう。

4. 日焼け止めクリーム

日焼け止めクリームは、日中の紫外線から肌を守ります。現在、紫外線は年中強く降り注いでいるため、日焼け止めクリームを塗ることは、朝のスキンケア工程の1つとなっています。

日焼け止めは、適量を取り出し、顔全体に薄くのばして使います。

紫外線カット効果は、SPF値とPA値で表されており、製品もしくはパッケージに表示されています。季節に応じて、適切な紫外線カット効果のある日焼け止めを選ぶことが大切です。

夜のスキンケアの目的

夜のスキンケアの目的
出典:byBirth

夜のスキンケアには、次の2つの目的があります。

  • メイクや付着したよごれを落とす
  • 紫外線や花粉など日中に受けた肌ダメージをケアする

夜の肌は、メイク汚れや排気ガス、ほこりなどの外でついた汚れが溜まっています。そのため、しっかりと洗浄を行い1日の汚れを綺麗に落とすことが大切です。

また、紫外線や花粉の付着、ストレスによってダメージを受けた肌を化粧品で丁寧にケアすると、就寝中に肌を十分に回復させられます。

夜のスキンケアの順番

1. クレンジング

クレンジングは、メイクなどの油性の汚れを落とします。油性の汚れは落ちにくく、しっかり落とさないと酸化して黒ずみなどを起こすため、丁寧なクレンジングを心がけましょう。

クレンジング料は適量をとり、手のひらを使って顔全体に馴染ませ、メイクが浮いたら十分に洗い流します。

クレンジングにかける時間は約1分を目安にしましょう。時間が長すぎると、汚れたクレンジング料が毛穴に入り、ニキビなどの原因になります。

2. 洗顔

夜の洗顔は、汗や皮脂、ほこり、クレンジングで落ち切らなかったメイク汚れを落とすために行います。

朝の洗顔と同様に、次の点について注意して行いましょう。

  • キメの細かい泡を立てる
  • すすぎを30回以上行う
  • 水温は35度を守る

3. 化粧水

化粧水は、肌にうるおいを与えて保湿します。夜は、クレンジングと洗顔で肌に必要なうるおいまで落ちているため、しっかりと化粧水を使ってケアすることが大切です。

化粧水はコットンを十分に湿らせ、細かくパッティングをして浸透させましょう。パッティングは、肌がひんやりとするまで続けることをおすすめします。

4. 乳液・クリーム

乳液・クリームは、肌に薄い油膜を張って、化粧水の成分や肌内部の水分蒸発を防ぐ効果があります。夜は朝よりもべたつきが気にならないという人は、しっとり系の乳液やクリームを使うと、高い保湿力を実感できるのでおすすめです。

また、夜は肌を修復する時間帯なので、日中に受けたダメージをケアできるナイトクリームを使うと、効率的に肌の回復が見込めます。

まとめ

スキンケア
出典:byBirth

スキンケアは、洗浄と保湿を朝と夜の2回行いますが、朝と夜では目的と順番が異なります。

朝のスキンケアは「汗、皮脂、ほこりの洗浄」「紫外線対策」が目的で、「洗顔→化粧水→乳液・クリーム→日焼け止め」の順番で行います。

夜のスキンケアは「メイク、汚れなどの洗浄」「日中に受けた肌ダメージのケア」が目的で、「クレンジング→洗顔→化粧水→乳液・クリーム」の順番で行います。

朝と夜のスキンケアの目的を理解し、それぞれ正しい順番で行うことで、抜かりなく肌をケアしましょう!

情報提供元:GODMake
記事名:「朝と夜のスキンケアの順番!正しく覚えて抜かりなく肌をケアしよう!