ヘンプシードとは?

ヘンプシードとは?
出典:byBirth

ヘンプシードとは、「麻の実」の種のこと。日本ではあまり馴染みがありませんが、世界中で雑穀類の一つとして利用されています。

日本では、麻を売ることは規制されているため、ほとんどが輸入されたものです。オメガ3脂肪酸や必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど、さまざまな栄養素を含むため、スーパーフードといわれています。

近年、美容や健康のために、ヘンプシードを取り入れる人が増えているようです。他の雑穀と違って炊く必要がなく、そのまま食べられるので、手軽さも人気の一つかもしれません。

ヘンプシードの種類

ヘンプシード種類
出典:byBirth

ヘンプシードは、

  • ナッツ(麻の実の殻を取り除いたもの)
  • オイル(低温圧搾したもの)
  • パウダー(粉末にしたもの)

の3種類の形で売られています。

ヘンプシードナッツ

そのまま食べられるので、食事にふりかけたり、手軽に食べられます。

柔らかいので、そのまま食べても消化されやすく、胃腸への負担も少ないといわれています。そのため、お子様や高齢者でも食べられるスーパーフードといえます。

ヘンプシードオイル

低温圧搾によって抽出されたものが多く、こちらも、そのままドレッシングとして利用するなどさまざまな使い方ができます。

ヘンプシードパウダー

オイルを抽出したあとのヘンプを粉砕して粉末状にしたものです。お菓子などに使われることがあります。

ヘンプシードには3つの種類がありますが、今回は、通販やスーパーなどでよく見かけ、食事にも取り入れやすいヘンプシードナッツについて、解説していきます。

ヘンプシードの栄養とは?どんな効果が期待できる?

必須アミノ酸

必須アミノ酸
出典:byBirth

必須アミノ酸とは、体内で合成することができない、9種類のアミノ酸のことをいいます。食事から補給する必要があるのですが、ヘンプシードはすべての必須アミノ酸がそろっています。

必須アミノ酸の働きは、

  • 筋肉強化(バリン)
  • 精神を安定させる、睡眠効果(トリプトファン)
  • 体の組織を修復する(リジン)

など、さまざまな健康効果があるため、ヘンプシードで1度に摂取できるのは嬉しいポイントですね。

必須脂肪酸

必須脂肪酸も、必須アミノ酸と同じく、体内で合成することができない脂肪酸のことをいいます。具体的には、オメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸などの脂肪酸をさします。

血液をサラサラにする働きや、生活習慣病を予防する効果、アンチエイジング効果があるため、肌や健康のためにも積極的に摂りたい栄養素です。

魚の油に多く含まれていますが、実はヘンプシードオイルには必須脂肪酸が豊富。普段、魚の調理をあまりしないけれども、必須脂肪酸を取り入れたい人にはおすすめですよ。

亜鉛、マグネシウム、鉄などのミネラル

ミネラル
出典:byBirth

亜鉛

亜鉛は、現代人が不足しやすいミネラルですが、ヘンプシードには豊富に含まれています。亜鉛には、新陳代謝をサポートする働きや、抜け毛を予防する効果があるため、肌や髪の健康に良いですよ。

マグネシウム

また、マグネシウムも豊富です。マグネシウムは、神経の興奮をおさえて精神を安定させる効果があるため、イライラ時におすすめです。

そして、血圧を下げる働きや心疾患を予防する働きもあるため、将来の健康のためにも今からしっかりと摂取しておきましょう。

鉄
出典:byBirth

ヘンプシードには、鉄が豊富に含まれています。鉄は、酸素を体のすみずみにまで届ける役割があるヘモグロビンの材料です。

体の鉄が不足すると、全身が酸欠のような状態になり、貧血の原因となってしまいます。また、人の体温は血液循環で保たれているため、血液の流れが良くないと、冷えを感じる場合もあります。

さらに、鉄はコラーゲンを作る際に必要な栄養素なので、肌荒れや髪のパサつきの原因にも。貧血や冷え性対策だけでなく、美容のためにも鉄をしっかり補給することが大切です。

このように、さまざまな栄養素を含み、美容や健康効果が期待されることから、スーパーフードといわれているのですね。

ヘンプシードの食べ方とは

味にクセがないため、何にかけても美味しく食べられます。以下に、おすすめの食べ方をご紹介します。

和食にも合う!味噌汁に

みそ汁
出典:byBirth

スーパーフードは、外国の料理に合うというイメージがありますが、ヘンプシードは和食にもよく合います。味噌や、発酵食品との相性も良いため、味噌汁に入れても美味しくいただけますよ。

ヨーグルトにかける

朝食や間食にヨーグルトを食べる人も多いですよね。ヨーグルトの整腸作用と、ヘンプシードのアミノ酸、ミネラルで、体に必要な栄養素を同時に補給できますよ!

おにぎりに

おにぎり
出典:byBirth

米の糖質と、ヘンプシードのアミノ酸、ミネラルで、バランスの良いおにぎりを作ることができますよ。ふりかけとヘンプシードを混ぜて、おにぎりにしても◎。

ヘンプシードオイルでも、美味しく出来上がりますよ!

いかがでしたでしょうか?まだ聞き慣れないヘンプシードですが、通販サイトやスーパーでも見かけることが増えています。

手軽に食事に取り入れられる上、さまざまな栄養素を豊富に含んでいます。興味のある方は、ぜひお手にとってみてくださいね!

情報提供元:GODMake
記事名:「スーパーフード『ヘンプシード』の栄養価がすごい!ヘンプシードの魅力について