株式会社HIKKYは、2021年4月1日(木)~30日(金)に開催されている「ジャパンインターナショナルボートショー2021」において、トヨタ自動車株式会社マリン事業室が外部特設バーチャルブースとして出展する「TOYOTA Marine WORLD」の企画制作を、トヨタコネクティッド株式会社と共に担当したことを発表しました。

VR空間に各ブランドの世界観を表現したブースが製作されており、3艇の3Dモデルが1分の1スケールで忠実に再現されています。



「TOYOTA Marine WORLD」が登場

今回登場した「TOYOTA Marine WORLD」は、2021年4月1日(木)~30日(金)の期間に開催されているマリン業界国内最大イベント「ジャパンインターナショナルボートショー2021」のトヨタ自動車マリン事業室(トヨタマリン)の外部特設ブースとして開設されたコンテンツで、イベント期間中に特設サイトからアクセスすることができ、VRChatベースでのVR体験のほか、Webブラウザベース(Hubs)での体験ができます。

企画制作はHIKKY社とトヨタコネクティッド社が担当しており、各ブランドの世界観を表現したブースでクルージング体験や釣り体験など、VRを通した新しいマリンライフを体験することができます。

3つのブースで構成されたワールド

「TOYOTA Marine WORLD」は

・エントランスホール

・レクサスブース

・ポーナムブース

の3つから構成されており、来場者が最初に訪れるエントランスホールでは、ワールドの楽しみ方などの案内が行われます。

その他のブースでは、各ブランドの世界観が表現されており、ボートの展示やクルージング・釣り・動画の視聴など、各種体験を楽しむことができます。

イメージ



忠実に再現された3Dモデル

今回のVR展示では、トヨタマリンから提供された3Dデータをもとに、HIKKY社が1からモデリングを行っています。

・追及されたデザイン

・船体の大胆なプロポーション

・ラグジュアリーな船内

をその質感とともにVRで忠実に再現している一方で、VRユーザーがスムーズに体験できるようポリゴン数(データ容量)をコントロールして制作されています。

展示されている3Dモデルには、そのまま高精細かつ高容量で再現しているだけではなく、質感などのクオリティを保ちつつ、描画負荷を考慮しバランスよくモデリングすることで、ユーザーの体験価値を最大化するという点に、HIKKY社のこれまでのVR制作ノウハウが発揮されています。

イメージ

なお、今回の各ブースでは、以下の3Dモデルが展示されています。

レクサスブースではラグジュアリーヨット「LY650」を展示

レクサスブースでは、心揺さぶる体験を追求するブランドLEXUSの世界観が表現されており、来場者が近づくと原寸大のフラッグシップ・ラグジュアリーヨット「LY650」がゆっくりとせり上がり、来場者を迎えます。

イメージ

ブース中央上部には、LY650艇の象徴的なスペック数値が配置されており、背景中央にある大迫力の曲面モニターではブランドコンセプト映像を視聴できます。

この3Dモデルには乗船することも可能で、ラグジュアリーな内装や空間を体験することができます。

さらに上部フライングブリッジへ上がると、「TOYOTA Marine WORLD」内をLY650で疾走するクルージング体験をすることができます。

イメージ

ポーナムブースではプレミアムスポーツクルーザーを展示

「海の女神に包まれるマリンライフ」をコンセプトにしたポーナムブースでは、透明なガラスで囲まれた海中フロアにて、プレミアムスポーツクルーザーの

「PONAM-28V」

「PONAM-31」

の2つのモデルが展示されています。

パネルを操作して見たいモデルを選択すると、中央正面にそのモデルがせり上がってきて、じっくりと眺めることができます。

イメージ

LY650と同様に乗船することも可能で、船の上から釣り糸を垂らして釣り体験をすることができます。

このフロアでは、ポーナムシリーズ各艇や搭載エンジンのスペックのほか、

「TOYOTA Drive Assist(TDA)」

「TOYOTA Virtual Anchor System(TVAS)」

自動離着岸システム「TOYOTA Docking Support(TDS)」

の紹介や映像の視聴などを楽しむことができます。

また運が良ければ、クジラやイルカたちがブースを覗きに来ることもあるようです。

イメージ

「TOYOTA Marine WORLD」特設サイト

まとめ

2021年4月1日(木)~30日(金)に開催されているマリンイベント「ジャパンインターナショナルボートショー2021」のトヨタマリン外部特設バーチャルブースとして、「TOYOTA Marine WORLD」がオープンしています。

企画制作はHIKKY社とトヨタコネクティッド社が担当しており、ワールド内では各ブランドの世界観を表現したブースが設置されています。

各ブランド計3艇の1分の1スケールの3Dモデルが展示されており、忠実に再現されているだけでなく、乗船して釣り体験やクルージング体験ができます。

イベント期間中限定のオープンなので、ぜひVR空間でマリンライフを体験してみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]








The post VR空間でボートショー開催へ!「TOYOTA Marine WORLD」が登場 first appeared on VR Inside.

Copyright © 2021 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VR空間でボートショー開催へ!「TOYOTA Marine WORLD」が登場