ARゲーム開発を手掛けるGraffity株式会社は2021年3月18日(木)、新たなARシューティングゲーム「Leap Trigger」を、米国にて正式リリースしたことを発表しました。



「Leap Trigger」米国にて正式リリース

今回アメリカにて正式リリースされた「Leap Trigger」は、ARシューティングバトル「ペチャバト」などを提供しているGraffity社が開発した、ARシューティングゲームの新作で、昨年12月からアメリカの「Kickstarter」にてクラウドファンディングが実施されていました。

イメージ

ARで出現するモンスターと一緒にバトル

本作は、プレイヤー自身がチャンピオンと呼ばれるヒーローになり、バディと呼ばれるモンスターと一緒に戦っていくARシューティングゲームです。

チャンピオンとバディはそれぞれ特殊なアビリティを持っており、1人のチャンピオンにつき3体のバディを組み合わせてバトルが行われます。

他プレイヤーと対面して対戦できるだけでなく、オンライン上で対戦することも可能なため、世界中のプレイヤーと時や場所を選ばずバトルすることができます。

フィールド上で動きながらリアルに汗をかきつつスマホ画面上でのAR体験が楽しめる、斬新なARシューティングがプレイできるゲームとなっています。



AR市場の拡大が期待される中でのリリースへ

IDCの調査によると、AR/VR市場規模は2019年の168億USDに対し、

・2023年には1,600億USD

・年平均成長率78.3%

という高い成長率が見込まれており、日本国内においても2016年から2020年には、15倍の2,111億円に成長すると予測されています。

このような市場成長が見込まれる環境下において、まず「Leap Trigger」のβ版が期間限定で提供されており、それによると

・Day1で約40%

・Day7でも約20%

という高いリテンションレートを獲得しています。

これは、モバイルゲーム平均の「Day1で30%、Day7で8%」という数値より大幅に高い結果となっており、本作を体験したOculus, Inc.の共同創業者・Palmer Luckeyさんは、

『「Leap Trigger」のように、実際にARという次世代の仕組みを使用するゲームやアプリにはとても期待しています』

とコメントしています。

まとめ

Graffity社の新作ARシューティングゲーム「Leap Trigger」が、アメリカにて正式リリースされました。

本作は約1年の開発期間を経てついにリリースされたもので、昨年12月からはアメリカの「Kickstarter」にてクラウドファンディングが実施されていました。

プレイヤーはARで表示されるモンスターたちと共に、ARモンスターや他プレイイヤーたちとバトルができます。

アメリカではβ版の提供期間から大好評だったということで、正式リリース後の展開もどうなっていくのでしょうか。

日本でもリリースされることが期待できそうです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]








The post ARシューティングゲーム「Leap Trigger」が米国で正式リリース! first appeared on VR Inside.

Copyright © 2021 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「ARシューティングゲーム「Leap Trigger」が米国で正式リリース!