デジタル技術を活用した様々なソリューションを展開する株式会社kiwamiは、2021年3月9日~12日に開催された国内最大級の流通業向けITシステム総合展『リテールテックJAPAN 2021』にて、株式会社アスカネットの提供するASKA3Dプレートを活用したホログラム通話システム『xR Cast HoloPhone』と、スマートサイネージ『HoloVase』を出展し、ホログラムのVR店員によるデモンストレーションを実施しました。



VRによるリモート接客を実現する「xR Cast HoloPhone」とは?

「xR Cast Holophone(エックスアールキャスト・ホロフォン)」は、kiwami社がコロナ禍での要望が高まったリモート接客を実現するために開発した、3Dアバターを活用した非対面接客を実現するサービスです。

詳細:サービス紹介ページ

主な機能

サブカメラモード

複数のカメラ映像を組み合わせて、手元のカメラで商品を見せながら接客できます。

アーカイブ機能

用意した動画や資料を見せることができ、動画や資料はオペレーター間で共有が可能です。

モバイル対応

オペレータ、クライアント画面のどちらもモバイル機器に対応しており、Webサイトへの設置も可能です。

裸眼VR対応

kiwami社オリジナルのホログラムデバイス『HoloVase』に対応しています。

導入イメージ

主に以下のシーンでの活用が期待されます。

・店頭カウンターでの接客

・大型モニターでMCとして

・ECサイト等でのオンライン接客





商品棚に『置ける』店員さん?!「HoloVase」とは?

「HoloVase(ホロベース)」は、空中ディスプレイとスマートフォンを活用し、「商品棚に置ける店員さん」をコンセプトに開発された、小型ホログラム型スマートサイネージです。

従来のサイネージやコミュニケーションロボットと比較すると、小型かつ低コストが実現されており、様々な場所への設置が可能です。

kiwami社独自のHoloVase専用アプリケーションを使い、ホログラムのVR店員(xR Cast)を活用した接客を実現します。

スマートフォンの前後カメラやセンサーを利用した様々なインタラクションやシステム連携、音声認識や画像認識による商品紹介、バーコード決済が可能で、アミューズメントやプロモーションなども含め様々な用途への活用が期待できます。

詳細:サービス紹介ページ

導入イメージ

主に以下のシーンでの活用が期待されます。

・無人決済レジ

・受付システム(オフィス・アミューズメント)

・商品案内

・スマートホームデバイス(住宅・ホテル)

人手不足を解消する未来の接客「xR Cast」

労働者人口の減少などが社会問題化しており、近い将来には店舗や受付など接客が必要な領域で、深刻な人員不足が発生する事が予見されています。

kiwami社では、接客が必要な様々な場面を単に効率化するのではなく、「Virtualの店員さん」を実現して、より満足度の高い顧客体験を提供するためのソリューションを「xR Cast」と呼び、開発が進められています。

また同社では省力化を進めながらも、A.I.や3Dホログラムなどの先進的なデジタル技術を活用した未来の店舗や接客シーンが、より楽しい体験となるよう、人間らしさを損なわない世界を目指しているということです。

まとめ

長びくコロナ禍で、対面での接客が難しくなっていたり、人手不足の問題などから、VRによるバーチャル接客は注目されています。

また、将来日本の労働人口の約半数がAIやロボットなどにとってかわられ、受付係、レジ係、銀行窓口係などの職業は無くなるとの予測も出ていますね。

これまでもデジタルサイネージを活用した形のリモートVR接客を複数紹介してきましたが、今回紹介したサービスはモバイル機器に対応していて、導入がしやすいことが特徴です。

特に「HoloVase」は、説明動画を見てわかるように、スマホを機器の本体に差し込んでいます。

こんなかわいい店員さんが商品棚にいて、新商品の説明をしてくれたり、セルフレジでサポートしてくれたりすると楽しくなりますね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]








The post VR店員によるリモート接客や商品棚に置ける「ホログラムVR店員さん」が誕生! first appeared on VR Inside.

Copyright © 2021 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VR店員によるリモート接客や商品棚に置ける「ホログラムVR店員さん」が誕生!