XR市場の創造に取り組む株式会社Synamonは、株式会社ロゼッタと共同で「リアルタイム多言語翻訳システム装備のVRオフィス」を開発したことを発表しました。



「VR会議×多言語翻訳」を可能に

今回の共同開発では、Synamon社が開発しているVRイノベーションタワー「NEUTRANS」内のバーチャル空間上にリアルタイムの翻訳システムを組み込むことで、日本語・英語・中国語(簡体)の翻訳を可能にしています。

3言語のリアルタイム翻訳が可能なVRオフィス

リアルタイム多言語翻訳システム装備のVRオフィスは、ロゼッタ社が開発した音声認識・音声翻訳のAPIを使った音声翻訳機能を「NEUTRANS」の機能として組み込むことで、VR空間に参加している人の話した内容をリアルタイムに翻訳することができるシステムです。

日本語・英語・中国語(簡体)の3言に対応しており、操作パネル上で音声翻訳機能のOn/Offや翻訳言語の切り替えを行うことが可能です。

ただし、現在は開発段階のため一般ユーザー向けのサービス提供は行われていません。

Synamon×ロゼッタ、共同開発の背景

ロゼッタ社は、2020年10月より本社機能のVR移転を開始し、国境・言語・文書フリーのVRオフィスを中心としたVR事業を開発するために、Synamon社との資本業務提携を行っています。

さらに、VR事業を推進するうえで「VR会議×多言語翻訳」の可能性を検証すべく、Synamon社開発の「NEUTRANS」のVR空間上に、ロゼッタ社が持つAI翻訳のAPIを組み込めないかと考えたということで、そうしたことから今回の共同開発に至っています。





「NEUTRANS」とは?

VRイノベーションタワー「NEUTRANS(ニュートランス)」は、VR技術の活用によって、バーチャル空間であらゆるビジネス活動を可能にしているVRビジネス施設です。

「XRが当たり前の世界を実現する」を掲げ、VR/ARをはじめとするXR技術を使ったサービス開発や研究開発を行うSynamon社が開発しています。

世界中どこからでも働けるオフィス、リモートでもリアルのような体験を可能にするトレーニングや開発予定の未来都市を見学できるプロモーションなど、VR空間を活用した次世代事業の創出拠点を目指しています。

まとめ

「VR会議×多言語翻訳」を可能にするシステムが、Synamon社とロゼッタ社により共同開発されました。

Synamon社が開発するVRイノベーションタワー「NEUTRANS」内のVR空間上に、ロゼッタ社が開発したリアルタイムの翻訳システムが組み込まれたことで、日本語・英語・中国語(簡体)の翻訳が可能になっています。

2021年3月時点ではまだ開発段階ということで、一般ユーザー向けにサービス提供されていませんが、今後の展開に期待したいですね。

ソース:プレスリリース[PR TIME]








The post Synamonとロゼッタがリアルタイム多言語翻訳が可能なVRオフィスを開発! first appeared on VR Inside.

Copyright © 2021 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「Synamonとロゼッタがリアルタイム多言語翻訳が可能なVRオフィスを開発!