株式会社アトリエほんだしょうこは、クラフト作家が手作り作品を販売するためのバーチャル展示会「VR作家モール」を、2020年12月27日よりサービス提供開始しました。


「VR作家モール」とは

今回サービスの提供が開始された「VR作家モール」は、テレビCMの企画制作や映像制作、3DCG制作を手掛けるアトリエほんだしょうこが運営するバーチャル展示会プラットフォームで、全国のクラフト作家たちがVR空間に集まって、それぞれの手作り作品を販売するECサイト連動型コンテンツです。

リアル展示会が難しい時代の活動の場へ

昨今のコロナ禍で大規模展示会が開催できない中、クラフト作家の市場では主な活動場所だった展示即売会が「開催されない」「販路が無い」という状況にあります。

またクラフト作家個人で運用しているECサービスへの集客は、情報の拡散が難しいという課題を持っており、全国にはクラフト作家の手作り品を待ち望んでいる人たちが作家達のモチベーションを上げているという面もあります。

そうした大規模展示会が出来ないという課題を解決しつつ、業界的にも新しく目を惹くバーチャルな世界の展示会でクラフト作家と買い手をマッチングさせ、商品を販売、購入できるようにとの背景から今回の「VR作家モール」は開発されています。

イメージ

「VR作家モール」公式サイト

「VR作家モール」

4つの特徴で斬新な展示会を

「VR作家モール」は、クラフト作品業界初のバーチャル展示会システムで、以下の4つの特徴で目新しい展示会を実現しています。

ファンタジーなVR展示会

展示会の会場では、ファンタジー世界のショッピングモールを楽しく散策する感覚でお店巡りができます。

登録作家が増えるたびに、バーチャルモールが

・増設

・成長

していくようになっています。

イメージ

集まることでの集客力の向上へ

この「VR作家モール」は、出展ブース内に登録作家の商品を展示、ECサイトにリンク・誘導するためのシステムで、モール内に個人のECショップが集まることにより、多くの人たちが訪れることが見込まれます。

出展することで集客効果を高めることができ、どれほどのお客さんが来てくれるかの「ワクワク」を演出しています。

イメージ



様々なデバイスから参加可能

「VR作家モール」ではアプリをインストールする必要がなく、インターネットブラウザからモールにアクセスすることができます。

スマホやタブレット・PCから参加できるだけでなく、VRゴーグルを使えば、本当にファンタジックなモール会場にいるかのような体験ができます。

イメージ

ブースは好きなデザインを選択可能

モール内に出展できるブースは、可愛いデザインが豊富に用意されています。

好きなデザインを選んでチケット(40,000円)を購入することで、1年間はモール内でブース出展ができます。

イメージ

まとめ

クラフト作家たちのバーチャル展示場「VR作家モール」が、12月27日よりサービス開始されています。

このサービスは、クラフト作家たちがそれぞれの手作り作品を出展するVRショッピングモールのようなもので、各作家たちのブースからECサイトに飛んで作品を売買することができます。

最近はバーチャル展示会などのイベントが続々開催されていますが、単に感染症防止の観点からだけではなく、ITを用いて人々の生活を豊かに発展させるためのデジタルトランスメーション化が進んでいるのも、このようなバーチャル展示会のニーズが増えていく要因になっているのでしょうね。

またネット環境さえあればどこからでもアクセスできるため、世界中の人へアピールすることができるというのも大きなメリットです。

ソース:プレスリリース[@Press]








Copyright © 2021 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「クラフト作家のためのVR展示会「VR作家モール」サービス開始!