週末恒例!

VRニュースイッキ見【後編】!

昨日の前編に引き続き、今週(11/13〜11/19) 注目を集めた10記事のうち、後半5記事を一気に紹介します!

VRニュースイッキ見【前編】はこちら→https://vrinside.jp/news/post-186638/


①文科省事業に看護師教育VRプロジェクトが採択!VR臨床実習が学生の学びを変える

VRニュースイッキ見_文科省事業に看護師教育VRプロジェクトが採択!VR臨床実習が学生の学びを変える

ジョリーグッドは株式会社京都科学と共同で行う「看護師教育VR」事業が、文部科学省の「令和2年度専修学校における先端技術利活用実証研究」に採択されたことを発表しました。

「看護師教育VR」事業は、新型コロナウイルスの影響で病院に立ち入ることができず実習の機会が失われている現状にある看護師の育成環境構築を目的として、ジョリーグッド社、京都科学社、学校法人東京医科大学が、共同でVR教材を開発していくものです。

そして、専修学校での職業人材の養成における、VR・AR等の先端技術の活用方策について実証・研究する「令和2年度専修学校における先端技術利活用実証研究」の1事業として全国の看護系専修学校にて実証・検証を行います。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-186462/

②VR空間で英会話を体験学習!「VIRTUAL GLOBAL GATEWAY」提供へ

VRニュースイッキ見_VR空間で英会話を体験学習!「VIRTUAL GLOBAL GATEWAY」提供へ

学校やオフィス・自宅に居ながら、VR空間に再現された様々なシチュエーションでの英会話を学ぶことができる体験型英語学習サービス「VIRTUAL GLOBAL GATEWAY」が、11月30日より提供されることになりました。

TOKYO GLOBAL GAYEWAYと学研プラスは、グローバルスカイ・エデュケーションの3社が共同で開発した「VIRTUAL GLOBAL GATEWAY」は、実践的な英語活動や異文化を双方向形コミュニケーションで体験できるプログラムとなっています。

そのため、TOKYO GLOBAL GAYEWAYの中心的な利用層である児童・生徒だけでなく、

・大学や専門学校の学生

・企業の研修部署

・一般の英語学習者

など幅広い層も対象にしていくとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-186475/

③ホロライブ所属「不知火フレア」「角巻わため」出演のVRライブが11/28開催!

VRニュースイッキ見_ホロライブ所属「不知火フレア」「角巻わため」出演のVRライブが11/28開催!

VRライブプラットフォーム「VARK」を運営する株式会社VARKは、バーチャルタレント
「角巻わため」「不知火フレア」の2人が出演するバーチャルライブを11月28日に開催することを発表しました。

イベントは3部構成となっており、1部と2部では「ステージ」と「連番者」の出演者が入れ替わったVRならではの音楽ライブが行われ、3部ではライブを経てのアフタートークイベントとなる予定です。

Oculus Quest、Oculus Quest 2、PSVR、ニコニコ生放送、スマホ(Android、iOS)で視聴することができ、チケットも各視聴デバイスのプラットフォームにて販売されています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-186507/



④MRで製造業のテレワークを実現!「Mixed Reality現場支援」サービス開始

VRニュースイッキ見_MRで製造業のテレワークを実現!「Mixed Reality現場支援」サービス開始

製造業の製品メンテナンス現場では、新しい製品が高度化するのに加えてコンプライアンスの厳格化により作業の複雑化が進んでいますが、新型コロナ禍により効率的なコミュニケーションができないという問題があります。

複合現実で製造業のテレワークを実現するサービス「Mixed Reality現場支援」の提供が11月16日から開始されました。

「Mixed Reality現場支援」は情報技術開発社が開発した製造業向けの現場支援サービスで、MR技術を活用することで製造業のテレワークを実現するほか、若手技術者の育成にいたるまでサポートするものです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-186493/

⑤米軍のMR導入が着々と進む。2021年には実戦配備も視野に

VRニュースイッキ見_米軍のMR導入が着々と進む。2021年には実戦配備も視野に

米軍は最新テクノロジーの導入に積極的なことで知られていますが、AR/MRに関しても着々と導入が進んでいます。

Microsoft HoloLens2を使った統合視覚増強システムは、「味方と敵を判別する顔認識ソフト」「地形データ」「サーマルビジョン」「ナイトビジョン」を見られる上、複数回にわたる改良によって、現場で使いやすく作戦を優位に進めることが可能です。

これまでに72時間の大規模な演習を含む、テストが特殊部隊や海兵隊を中心に少なくとも25回行われていて、2021年には実戦配備を目指す方針と言われています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-186335/

まとめ

今週後半は軍を含め様々な現場で活用されるXRについての話題が中心となっています。

VRという失敗が許される空間での演習やMRによるリアルタイムな情報共有など、特に生命が関わる現場でのXRの活用が目立つようです。

今後もXRを通して安全かつ効率的に作業を行えるという活用例が出てくることに期待したいですね。

来週はどんなVRニュースがあるのでしょうか?

お楽しみに!








The post VRニュースイッキ見!【後編】「米軍のMR導入が着々と進む。2021年には実戦配備も視野に」など注目記事を振り返り!! first appeared on VR Inside.

Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VRニュースイッキ見!【後編】「米軍のMR導入が着々と進む。2021年には実戦配備も視野に」など注目記事を振り返り!!