ティフォン株式会社は、株式会社新潟放送、株式会社ゴールデン佐渡と共同で、「史跡 佐渡金山」の坑道内で体験できるMRアトラクション『ISLAND MIRRORGE(アイランド・ミラージュ)』及びSteamプラットフォーム向けVRコンテンツ『ISLAND MIRRORGE VR』の開発を開始したことを発表しました。


世界初MR×歴史遺産『ISLAND MIRRORGE』プロジェクト始動!

『ISLAND MIRRORGE(アイランド・ミラージュ)』は、「史跡 佐渡金山」を舞台にしたダークファンタジー作品。

佐渡金山の現地で道遊抗を歩いて体験できるMRアトラクション『アイランド・ミラージュ』と、自宅にいながら楽しめるPC用VR向けコンテンツ『アイランド・ミラージュ VR』の2つのコンテンツが開発されます。

「史跡 佐渡金山」における世界初の最先端技術を使ったMR・VR制作を通して、佐渡の魅力を世界に発信するプロジェクトです。

MRアトラクション『アイランド・ミラージュ』とは?


『アイランド・ミラージュ』は、MRグラス「NrealLight」を装着して佐渡金山の道遊抗を実際に歩くウォークスルー型のアトラクション。

歴史遺産と仮想世界が交錯する空間にプロジェクションマッピングなどの技術も組み合わせ、これまでにない新しい体験を楽しむことができます。

MR体験イメージ

VRコンテンツ『アイランド・ミラージュ VR』とは?

『アイランド・ミラージュ VR』は3DCGで再現された佐渡金山の道遊抗を舞台に、MR版『アイランド・ミラージュ』の雰囲気を自宅で体験することができるコンテンツです。

さらに、VR版ではMR版とは異なるエンディングが用意され、それぞれの魅力を体験することができます。

VR体験イメージ




「史跡 佐渡金山」について

新潟県の離島、佐渡島にある「佐渡金山」は、1601年の開山以来、徳川幕府直轄の天領として小判の製造が行われるなど、江戸幕府の財政を支えました。

1869年には官営化、1889年には宮内省御料局管轄の皇室財産となり、日本の近代化に貢献、その後1896年には三菱合資会社に払い下げられ、日本最大の金銀山として、最盛期には約1500kgの金と約25tの銀を生産しました。

1989年に資源枯渇のため操業が休止され、400年近くに及ぶその歴史に幕を下ろしました。

その歴史的価値の高さから2010年にはユネスコ世界遺産暫定リストに加えられ、本登録を目指しています。

引用元:プレスリリース

#佐渡を世界遺産に~クラウドファンディング実施中

コンテンツの開発にあたり、資金の一部がクラウドファンディングを活用して募集されています。

詳細:#佐渡を世界遺産に~世界初MR×歴史遺産で心に残る素敵な体験を~

まとめ

歴史遺産×MRというこれまでになかったコラボレーションで、スゴイMRアトラクションが完成しそうですね。

筆者はずいぶん前に佐渡金山を訪れたことがあり、歴史的な価値が高い史跡で、「アトラクション」とは無縁な「地味」な印象がありました。

それがこんなワクワクするようなMRアトラクションになるなんて、完成が楽しみです。

世界遺産を目指す史跡では、手を加えることに制限がありますが、MRグラスを使えば、史跡そのものに手を加えることなく、アトラクションに変貌させることができますね。

VRコンテンツの方も楽しみです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]








The post 佐渡金山の坑道がMRアトラクションに!新VRコンテンツの開発もスタート first appeared on VR Inside.

Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「佐渡金山の坑道がMRアトラクションに!新VRコンテンツの開発もスタート