これまで懸賞で商品をゲットするには、ハガキやWebサイトで応募するのが一般的でした。しかし、ハガキ代や会員登録が必要だったりと、どれも手間がかかります。その点、「SNS懸賞」なら1タップで手軽に応募できることも多く、煩わしい手順がなく楽チンです。「Instagram懸賞」と「LINE懸賞」について詳しく見ていきましょう。

SNS懸賞では刺さるコメントを送る

SNS懸賞のうち「Instagram懸賞」はアカウントをフォローしていいね、またはコメントすることで応募する方法がメジャーです。ただし、2020年に規約変更があった影響で、懸賞案件は減少傾向にあります。

写真を投稿したり、リポストしたり、指定のハッシュタグを付けて投稿が必要なケースもあり、Twitter懸賞の手軽さと比べると若干手間が多くなっているようです。よっぽど欲しい商品でない限り避けた方がいいかもしれませんが、ライバルが少ないため狙い目ともいえます。

Instagram懸賞でコメントが求められている場合は、当選したい熱意を伝えることで確率がアップするといわれています。ほかのSNS懸賞も同様ですが、選考する人に刺さるコメントを送るのが当選率アップの秘訣です。

SNS懸賞の中でもLINE懸賞はやや面倒

SNS懸賞の中でも「LINE懸賞」はアカウントを友だち登録して、トークルーム内にあるキャンペーンボタンをクリックするタイプが主流です。

ほかのSNS懸賞と比べてクリックするだけのものは少なく、手数が多くなるためやや面倒…。むやみに応募するのではなく、お気に入りの企業アカウントだけに絞って応募するのがベターかもしれません。

アンケートは選択肢をチェックするだけのものも多く、自由記入よりも手軽に回答できます。逆に、自由記入のLINE懸賞は手間がかかる分、競争率は低めといわれているので、見かけたら要チェックです。(文/松嶋三郎)

【関連リンク】
Twitter乗っ取りのパスワードを入手する方法
Twitterの裏アカウントの画像を見つける方法
ネットストーカーのTwitter利用者の特定方法
Twitterで乗っ取りがなくならない2つの理由
Twitterの影響力を簡単にチェックする方法

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「SNS懸賞で当選率をアップさせるための秘訣とは