「Googleフォト」は「高画質」設定の写真と動画は、容量無制限で保存できるのがウリでした。しかしサービスの改定で、2021年6月からは容量の上限までに限定されます(無料ユーザーは15GB)。乗り換え先に有力なのが、Amazonプライム会員なら容量無制限で使える「AmazonPhotos」でしょう。Googleフォトと同等の機能を備えています。

Googleフォトの容量上限が限定される

「高画質」設定なら容量無制限に写真を保存できる、クラウドサービス「Googleフォト」。スマホで撮影した写真を自動アップロードして、クラウド上に保存可能なため非常に便利です。

アップロード済みの写真はスマホ(ストレージ)から削除しておけば、容量の節約になります。ただし、サービス改訂で2021年6月からは、無料ユーザーは15GBまでに容量の上限が限定されるのでした。

ちなみに、有料プランは100GBまでが月額250円(年額2,500円)、200GBまでが月額380円(年額3,800円)、2TBまでが月額1,300円(年額13,000円)です。なお、ストレージの容量は家族と共用することもできます。

Googleフォトのアーカイブ機能を活用

そんなGoogleフォトで便利なのが、写真を自動で整理してくれる機能でしょう。アップロードした写真を認識し、人物やシーンなどで自動で整理してくれます。目的の写真を探しやすく、写真管理アプリとしてフツーに優秀です。

そして、人に見られるとマズい写真は、アーカイブ機能で写真を一覧に表示させなくするとよいでしょう。「ライブラリ」→「ユーティリティ」を選択。「写真をアーカイブに移動」を選びます。アーカイブに移したい写真を選択すると、写真一覧に表示されなくなるのです。

Googleフォトでバックアップ済みの写真はスマホから削除できます。右上のアカウントボタンをタップし、「空き容量を~」を選択。これでGoogleフォトにアップロード済みの写真や動画を、端末上からのみ削除できます。(文/中谷仁)

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ヒミツの写真を「Googleフォト」で管理する方法