探偵が浮気調査で行う「証拠撮り」では、どのようなカメラが使われているのでしょう。証拠撮りの現場では、どんなシチュエーションにも対応できるよう事前に複数の機材を準備しておくことが基本。これらを臨機応変に使い分けることで、決定的瞬間を逃さずに撮影できるわけです。探偵の調査現場で使用される撮影機材を見ていきましょう。

探偵の浮気調査では手ブレ補正を重視

探偵の浮気調査では、車内からの撮影などターゲットがこちらを認識できない距離でカメラを使うのが基本です。このため、手ブレ補正が強力でズーム時でも映像がブレず、暗所でも明るく撮影できるカメラが使われます。

離れた位置から狙うならズームが強い、ソニーのハンディカム「HDR-CX550V」を使用。映像を確認しながら街中でターゲットを狙うこともあります。

全天球カメラで近くの相手を接写するときに使われるのが、360度撮影が可能な小型カメラであるInsta360の「Insta360 ONE X」です。強力な手ブレ補正により、動きながらでも撮影できます。

360度余すことなく記録できるので、画角を意識しなくていいのが最大のメリットです。画角が広いので、本体を手で覆って持ってレンズだけ出しておけば撮り漏れがありません。

気づかれにくい探偵の浮気調査カメラ

探偵の浮気調査で使われる全天球アクションカムのInsta360「Insta360 ONE」は、リュックにキーホルダーのようにぶら下げて利用します。リュックを背負ったままターゲットの前を歩けば、人目のある場所でも自然にベストアングル動画で撮影できるというわけです。

Sorellの「SV-10」は、動画や音楽を再生するメディアプレーヤーですが、小型カメラを搭載しており、動画の撮影が可能。一見、携帯ゲーム機かポータブルテレビのように見えるため、持っていてもカメラだとは気づかれにくいので探偵の浮気調査で重宝されます。

カメラは180度回転するため、液晶画面を見ながら正面の撮影が可能。街中で秘匿性を保てるカメラ付きメディアプレーヤーは、人目のある場所でも使いやすい1台です。

【関連リンク】
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「プロの探偵に浮気調査で使われる撮影機材とは?