株式投資で口座数を伸ばしているのが「スマホ証券」です。そんなスマホ証券で注目すべきサービスが「PayPay 証券(旧One Tap BUY)」です。その名の通りソフトバンク系のサービス。投資対象は日米の優良銘柄で、誰もが知っている有名企業が名を連ねています。それらの銘柄に千円から投資でき、株主になれるのは魅力的でしょう。

PayPay証券は米国株に少額投資できる

PayPay証券の手数料は売買時点の基準価格に、0.5~1.0%を乗じる仕組み。例えば、1万円分の株を買うと50円~の手数料がかかります。現物株以外にも積立投資・CFD・IPOといった豊富な商品ラインアップがあり、投資経験者でも十分に楽しめそうです。

投資対象は、日本と米国の優良銘柄が計319銘柄。日本株なら「トヨタ自動車」「任天堂」、米国株は「Apple」「Amazon」といった超有名企業がズラリ。最近、流行りの米国株に投資できるのも特徴といえます。最低購入金額は1,000円からと少額です。

すなわち、Appleなどの超有名企業の米国株にも1,000円から投資が可能ということ。世界的企業に少額投資できるのはPayPay証券の魅力でしょう。

PayPay証券は元手ゼロ円でも運用可能

買い物などで付与されたPayPayボーナスを使い、疑似投資体験ができるのもPayPay証券の魅力。口座開設不要で手数料はかかりません。元手ゼロ円でも運用できます。

「スタンダード」と「チャレンジ」の2つのコースが用意されており、値動きによりPayPayボーナスが増減する仕組みです。ちなみに、チャレンジコースは米国株価指数の3倍の値動きとなる積極運用コースになります。

PayPay証券の投資対象は米国株、日本株、ETF、REITです。購入単位・金額は1,000円~となっています。ポイント投資はPayPayボーナス。取引手数料は約定価格の0.5%などとなっています。(文/大正谷 成晴)

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「千円から米国株に投資できるスマホ証券はどこ?