カメラやモニターといった機能を備えたスマホは、そのまま監視カメラとしても活用することが可能です。新機種に買い替えて引き出しに眠っている古いスマホでも、カメラ性能は市販の監視カメラに見劣りしません。そこで、古いスマホをドアスコープカメラとして活用する方法をご紹介。使うのは100円ショップのスマホホルダーのみです。

古いスマホをドアスコープカメラ化

今でこそ当たり前のように設置されている住宅の「カメラ付きインターホン」ですが、古いマンションやアパート、一戸建てには付いていない場合も多いものです。そんな時は中古スマホをドアスコープカメラとして活用することで、訪問者をスマホ画面上で確認できるようになります。

スマホのドアスコープカメラ化は非常にシンプル。100円ショップで売られているスマホホルダーを玄関ドアに貼り付けて、覗き穴に合わせてスマホのカメラを設置するだけ。これで中古スマホを簡易モニターとして使うことができます。

用意するのは100円ショップで売られているスマホホルダーのみ。スマホホルダーをドアに両面テープなどで固定します。あとは使わなくなったスマホをセットするだけです。

ドアスコープカメラ化スマホで録画

インターホンが鳴ったらドアスコープカメラ化したスマホのカメラを起動。居留守を使いたい場合でも、スマホで覗き穴が塞がっているので、ドアスコープの外側から中を覗かれても、在宅を察知されにくくなることもメリットかもしれません。

これでスマホの画面で来訪者が確認できます。ストーカーなど不審者の場合は、録画ボタンを押して映像を記録。証拠を残せるというわけです。

「興味はあるけどちょうどいいスマホが手元に無い!」という場合は、イオシスなどの中古スマホショップで格安の端末を調達するのという手もアリです。

スペックはRAM3GB、ROM32GB程度でスマホとして常用するには頼りないものn、シンプルなカメラとしてなら十分という端末が2,000~5,000円程度で手に入ります。microSDカードが使えるスマホであればストレージ容量は気にしなくて大丈夫です。(文/Toybox)

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「古いスマホをドアスコープカメラとして活用する