「株式投資=PCでの取引」は、ひと昔前のハナシ。今や口座開設から入金~取引まで、一連の流れをスマホで完結できるのです。いわゆるネット証券の一歩先を行く「スマホ証券」の特徴をまとめてみました。ローリスクでコツコツ増やす小遣い稼ぎの新潮流として、投資初心者にオススメといわれるスマホ証券について詳しく見ていきましょう。

スマホ証券は銘柄が絞り込まれている

そもそも「スマホ証券」って一体どんなモノでしょう。1つめの特徴は「開設から取引までスマホで完結」すること。口座開設や資金の入出金、取引まで、すべての操作がスマホで完結します。PCなど他のデバイスを使う必要がありません。

スマホ取引を前提としているので、操作性にも困らずシンプルに使えます。従来の証券会社もスマホアプリを用意していますが、一部サービスはPCからのアクセスが前提なので、ここはスマホ証券との大きな違いです。

2つめの特徴は「投資対象を絞り込んでいるため選ぶ手間が省ける」こと。 日本企業であれば東証一部上場銘柄など、投資先が各サービスによりあらかじめ厳選されているのも、スマホ証券の特徴です。

投資の初心者でも知っている銘柄から選ぶことができるので、迷わず売買まで辿り着けます。日本株以外に外国株や投資信託を扱うサービスもあるので、比較してから口座を開きましょう。

3つめの特徴は「UIが見やすく使いやすい」ことです。小さいスマホのディスプレイでも見やすい作りになっています。難しい操作もなく、手順を迷うことはないでしょう。

極力シンプルなUIになっているのも、スマホ証券をとっつきやすくさせている理由です。PCと違って起動させる手間もかからないので、売買チャンスを逃さずに済むでしょう。

スマホ証券で少額から個別株を購入

スマホ証券の4つめの特徴は「少額で始められる」こと。通常の証券会社で個別株を取引する場合、売買単位(単元株)は100株なので、最低投資金額は少なくても数万円~、高いと100万円を超えます。スマホ証券は1株単位や、100円&1,000円といった少額から個別株を購入できるサービスがあります。

5つめの特徴は「手数料が安く抑えられる」こと。ネット証券の手数料には1約定ごと、1日定額制などのプランがあり、前者なら55~1,000円前後(約定代金で変動)というのがほとんどです。

スマホ証券であるLINE証券は買付手数料無料、売却時は99~1, 771円という幅。基本的に安くなるケースが多いのです。

6つめの特徴は「共通ポイントが利用可能」なこと。ネット証券でも楽天証券は楽天ポイントが使えるなどポイントに対応していますが、スマホ証券はさらに顕著。LINE証券はLINEポイント、日興フロッギーはdポイントなど、ポイントが使えるサービスが目立ちます。(文/大正谷 成晴)

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「小遣い稼ぎの新潮流「スマホ証券」何がすごい?