ETC限定の高速道路割引でも、高速料金が最大50%オフになる「平日朝夕割引」は、ETCマイレージに登録するとセットで付いてくる割引サービスです。平日朝夕割引は、高速道路の利用回数に応じて割引率が変わる仕組みのため、コンスタントに高速道路を利用し続けることで割引率アップを狙うことが、お得な活用方法の鍵となるのです。

平日朝夕割引は直接走行料金に還元

ETC限定の高速道路通行料金割引で、会員制となっているのが「ETCマイレージ」です。ETCマイレージは、高速道路の利用料金に応じてポイント還元が行われるというもので、NEXCO3社のほかに本四高速・愛知県道路公社・広島高速・福岡北九州高速がサービスを実施中です。

そして、NEXCO3社についてはETCマイレージ会員になると自動的に「平日朝夕割引」も適用となります。平日朝夕割引は、東京・大阪近郊に設定された「大都市近郊区間」と東京湾アクアライン・関門トンネル以外の路線で実施され、毎月の6~9時・17~20時の走行回数に応じて100km以内限定で通行料金還元が行われる仕組みです。

平日朝夕割引の還元率は、月5~9回の利用で30%、月10回以上で50%と高く、還元額は翌月の20日にETC通行料金として還元され、貯まった還元額は優先的に通行料金へ充てられる仕組みです。さらに、還元額で走行した分についても平日朝夕割引の対象となるため、還元率=割引率となるお得な割引サービスです。

平日朝夕割引は朝夕各1回のみが対象

割引対象区間が郊外路線の100km限定で、割引対象時間が朝夕に限定されていることから、平日朝夕割引は郊外ドライバーの通勤を想定したものといえそうです。しかし、同じ路線を毎日走る必要はなく、毎日違う高速道路区間を走行してもそれぞれ平日朝夕割引の対象となります。

また、割引率を決める走行回数は、毎日最大朝1回、夕方1回の合計2回のみ。6時に練馬ICから高速道路へ入り花園ICで降り、ふたたび8時に花園IC~高崎ICを走行した場合、平日朝夕割引が適用されるのは最初に走行した練馬IC~花園ICの方で、割引対象区間は東松山IC~花園IC分とごくわずかとなるため要注意です。

なお、平日朝夕割引対象区間を100km以上走行した場合は、100km分の通行料金について通行料金として還元されます。例えば、東京IC~掛川ICを平日割引対象時間帯に走行したケースでは、平日割引対象区間が100kmを超えるため、通常料金が普通車5210円なのに対し、還元額は30%還元で730円、50%還元で1220円です。

ポイント還元後、さらに通行料金分へ変換して利用するETCマイレージと異なり、平日朝夕割引の還元額は毎月20日に追加されると決まっています。このため、平日朝夕割引では高速道路の走行タイミングにあわせて還元額を利用することは不可能。走行回数を増やして割引率をアップすることが、平日朝夕割引活用のコツといえるでしょう。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
登録しておけば最大50%オフになるETC割引は?
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「高速料金が最大50%オフ「平日朝夕割引」注意点