バブルの時代、日本最大のスーパーチェーンだったダイエーの店舗で盛んに勧誘が行われていたのが系列のクレジットカード「OMCカード」でした。いまではダイエーとOMCカードは別系列ですが、OMCカードにはダイエー系列だった名残の優遇特典が引き続き存在。その特典はダイエーのみならず、イオングループへも拡がっているのです。

OMCカードはイオンでポイントアップ

「OMCカード」は、SMBCファイナンスサービス(旧セディナ)が発行するクレジットカードで、元々は大手スーパー・ダイエーの系列カード会社から発行されていました。「OMC」は「Orange Member’s Card」の略称で、Orangeは当時のダイエーのコーポレートカラーにちなんでいます。

一時期、ダイエーは日本最大のチェーン網を誇るスーパーでしたが、さまざまな経緯を経てイオングループの1社となっています。OMCカードも、ダイエー系列から三井住友フィナンシャルグループ系列へと運営が変わりましたが、OMCカードをダイエーで使うとお得になるという関係は現在も維持されているのです。

OMCカードのポイントプログラム「わくわくポイント」は、通常200円につき1ポイントのところ、ダイエーでの利用については200円につき3ポイントとなります。さらに、ダイエー以外にもイオン・マックスバリュなどイオングループの一部チェーンについては、ダイエー同様に200円につき3ポイントへアップするのです。

OMCカード還元率はイオンカードの上

貯まったわくわくポイントは、さまざまな商品へ交換したりキャッシュバックを受けられますが、キャッシュバックは交換レートが悪いため、nanacoポイントへ交換するか、Vポイントギフトへ交換する方がお得でしょう。この場合、ポイントは等価交換で、交換先のnanacoポイント・Vポイントは1ポイント=1円で利用できます。

このため、ダイエーやイオングループの利用分についての還元率を計算すると1.5%。一方、イオングループのイオンカードについては、グループ各店で利用した際に貯まる「ときめきポイント」の還元率は通常1%で、OMCカードの還元率より低くなってしまうのです。

とはいえ、イオンカードには毎月20・30日にイオングループ各店で5%オフになる特典もあり、このサービスを利用するのであればイオンカードの方がお得。また、イオングループであっても、マルエツやスポーツオーソリティなど、OMCカードのポイントアップ対象外のチェーンもあるので要注意です。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「イオンで使うとイオンカードよりお得なカード?