NHKの受信契約は、一般家庭の場合「世帯」ごとに1契約という決まりになっています。しかし、最近では1軒の家のなかで親子が別々に住む二世帯住宅や、さまざまな人が集まり一つ屋根の下で暮らすシェアハウスなど、住み方のバリエーションが増えています。こうした場合、NHK受信契約における世帯のカウントはどのように行われるのでしょう。

NHK受信契約は同一生計であれば1世帯

NHK受信契約の内容を定めた「日本放送協会受信規約」によると、NHK受信契約は世帯ごとに行うことになっています。ここで登場する世帯は住民票上の世帯とは異なり、NHKの説明によれば「同一生計を営んでいるか」です。例えば、事実婚の夫婦は住民票は別々ですが、NHK受信契約上は1世帯とみなされるのです。

ここで気になるのが、最近都市部で増えている二世帯住宅のNHK受信契約における扱いです。二世帯住宅の場合、親子で別々にキッチンやバス・トイレが設けられ、玄関も別々に作られることがあります。このような構造になるのは、二世帯を独立させることで税金上の優遇が受けられることも理由の1つです。

二世帯が独立した作りであれば、NHK受信契約もそれぞれ1契約ずつ必要に思えますが、実はこの場合もNHK側は同一家計かどうかで1世帯か2世帯かを判断するとのこと。公共料金や生活費などを共通で支払っている家庭であれば、NHK受信契約は1契約で済み、まったく別会計となっている場合は2契約になるのです。

シェアハウスのNHK受信契約カウント

同じことはマンションでも発生し、NHKのWebサイトによると家族が多く同じマンションに2部屋借りているといったケースでも、同一家計とみなされNHK受信契約は1契約でOK。いまは少なくなりましたが、ひとつの敷地内に母屋のほかに隠居部屋を立てたケースでも、生計が同一であればNHK受信契約上は1世帯扱いになります。

二世帯住宅以上にさまざまなスタイルがあるのが、若者を中心に住む人が増えているシェアハウスです。例えば、大家が入居者を募集しテレビスペースも共用といったケースでは、大家がNHKと受信契約を結ぶことになり、入居者が個別にNHK受信契約を結ばなくてOKです。

一方で、シェアハウスのなかでも入居スペースの独立度が高く、テレビの設置や生活費も別管理といったパターンであれば、各入居者が別々にNHK受信契約を結ぶ必要が出てきます。これは、かつて都市部で多かったキッチン・トイレが共用のアパートと同じ扱いになるといえるでしょう。

また、入居者が共同で一軒家を借り上げ、生活費や公共料金も共同で支払うタイプのシェアハウスも少ないながら存在します。こうした場合は同一生計とみなせるため、NHK受信契約は1契約でOK。この場合、居住者の誰か1人が代表者となり、NHKと受信契約を結ぶことになります。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「NHK受信契約「二世帯住宅」どうカウントする?