AM・FM放送に関わらず、いまはパソコンやスマホでラジオが聴ける時代です。日本国内に限れば県域以上のラジオ局はすべてネットでのストリーミング配信を行っています。とはいえ、停電時などの非常時は電池で動作して電波を受信するラジオの出番。とくに、遠くまで電波が飛ぶAMラジオの感度アップは、いざというときに役立つのです。

AMラジオは外部アンテナの端子がない

AMラジオはテレビやFMラジオより低い周波数の「中波」「短波」と呼ばれる周波数帯で放送されています。中波帯・短波帯の特徴は、UHF帯を使うテレビやVHF帯のFMラジオと比べ遠くまで電波が届くことにあります。

ただし、遠距離に送信所がある放送局を聞こうとした場合は受信用のアンテナが重要です。ところが、現在国内で販売されているラジオは、高級チューナーやコンポ、そしてわずかなモデルのみとなったBCLラジオを除くと、外部アンテナを取り付ける端子がないモデルがほとんど。このため、AMラジオ用として販売されている高性能ループアンテナなどを接続して使えません。

外部アンテナ端子なしのラジオでも、本体内にフェライトバーへ電線を巻き付けた「バーアンテナ」を内蔵しています。アンテナがまったく使えないわけではありません。

しかし、バーアンテナだけでは感度が低く目的のAMラジオ局が受信できないといったケースもあり、とくにポケットラジオはバーアンテナが小さく受信に不利です。

AMラジオに100均の電線を巻き付ける

こうした場合、受信感度をアップさせて目的のAMラジオ局を受信する方法はないのでしょうか。実は、100均ショップで売っている電線をラジオへ巻き付けることで、AMラジオの受信感度がアップすることがあります。これは、巻き付けたコイル状の電線がバーアンテナと「電磁結合」と呼ばれる現象を引き起こすためです。

ただし、電磁結合を起こすための条件として、巻き付ける電線とバーアンテナの指向性が同じになっている必要があります。例えば、本体内にバーアンテナが横に置かれている場合は、電線は本体の上下方向に巻き付けるようにします。

さらに遠距離の受信を目指すのであれば、より長い電線を用意したうえで、ラジオ本体に巻き付けた電線を屋外まで数m延ばすようにします。その際、延ばした電線の反対側をアース端子に接続することでも感度がアップします。ただし、アース接続については、アース自体の性能に左右されるため、効果はケースバイケースです。

なお、ラジオNIKKEI以外のAMラジオ局が使用する中波の受信では、アンテナの性能以上にノイズ対策が欠かせません。AMラジオに影響するノイズの発生源は、テレビやLEDライトなどすべての電子機器が該当します。そこで、ラジオを受信する際には電子機器と離す、あるいは電源を切るといった対策が必要です。

【関連リンク】
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好
携帯ラジオで買うべき1台は機能がないPL-380

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「100均グッズでAMラジオの感度を簡単にアップする