「NHKに知らせずにこっそり引っ越したはずなのに、引っ越し先の住所にNHKから受信料の請求が届いた」…ネット上にはそうした体験談がいくつか見つかります。他人の住民票を入手することは難しく「それって本当?」と疑う人もいるかもしれません。しかし、ある条件が揃うとNHKが受信料のために住民票を手に入れられるのです。

NHK受信料を滞納した人の除票をコピー

氏名、生年月日、性別、住所などが登録されている住民票は、住所のある市町村が管理するもの。本人であれば市役所や町村役場へ行くと簡単にコピーを取れます。最近では、コンビニで住民票が交付できる市町村も増えており、本人認証はマイナンバーカードで行う仕組みです。

しかし、第三者の住民票をコピーしようとすると、そのハードルは大きく上がり、住民票に関する法律「住民基本台帳法」に定められた理由がないとコピーを取れません。NHKも例外ではなく、NHKのスタッフが市役所や町村役場へ住民票のコピーを申請しても、通常は受け付けてくれません。

NHK側としては、住民票が活用できればNHK受信契約を取りやすくなるため、総務省の審議会などでそのための法改正などを要望し続けています。とはいえ、個人情報のなかでも最重要ともいえる住民票の閲覧をNHKへ無制限に認めるような法改正は、当面行われる気配がありません。

しかし、NHKが住民票のコピーを取れるパターンが1つあります。NHK受信料を滞納したままNHKに伝えずに転居したケースです。この場合、NHKは旧住所があった市町村の役所・役場へ向かい、かつて登録のあった住民票の内容が保存された「除票」をコピー申請すれば受け付けてもらえます。

NHK受信料の滞納を証明する文書が必要

NHK受信料を滞納していた場合に除票のコピーが認められる理由は、滞納したNHK受信料がNHKが持つ「債権」となるためです。住民基本台帳法には「自己の権利を行使し、又は自己の義務を履行するため」であれば、第三者の住民票もコピーしてもらえるという規定が設けられています。

住民票の除票には、かつて登録されていた住所・氏名などのほかに、転居先の住所も記載されています。そこで、NHKが除票のコピーを入手すれば現住所が判明するため、それをもとにNHK受信契約の変更や滞納分のNHK受信料を徴収することも可能となるのです。

とはいえ、NHKが除票のコピーを入手するためには、NHK受信料の滞納を証明する文書が必要となるため、本人が住民票のコピーを入手するのとくらべ手続きは複雑。このため、NHKはそこまで手間をかけないだろうと高をくくっている人もいるかもしれません。

しかし、実はその考えは甘いのです。NHKが総務省に提出した資料には、NHKが受信契約関連で力を入れている対策のひとつとして「住民票「除票」を活用した住所変更届提出の省略の推進」があります。つまり、NHKはすでに住民票の除票をコピーして、受信契約の住所変更に活用しているのです。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「NHKは受信料のために勝手に住民票を取れる?