ETCを使うとお得になる…というよりむしろ、ETCを使わないと損をしてしまう代表的な路線が「首都高速」です。ETCなら300円なのに現金では1320円かかるといったケースもあり、一度でも首都高速を利用するならETC車載器を取り付けた方が有利です。そして、5月からはETC車載器のセットアップ助成金キャンペーンもスタートします。

ETCセットアップ費用が助成される

首都高速は、ETC車載器設置キャンペーン「はじめトク?ETC助成金キャンペーン2021」を2021年5月20日~9月30日に実施します。このキャンペーンでは、新規にETC車載器を利用する人向けに、車載器購入代金やセットアップ費用を1万円まで助成するというものです。

キャンペーン対象となるのは、東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県のキャンペーン参加店舗で、ETC車載器を新規にセットアップした人。これまでETC車載器を一度でもセットアップした経験がある人は助成の対象外となります。また、台数にも上限があり3万台までです。

「はじめトク?ETC助成金キャンペーン2021」へ参加するためには、ETC車載器を購入・セットアップする前に特設Webサイトからの申し込みが必要。キャンペーンへの申し込みが完了後、登録したメールアドレスにメールが届くので、そのメール内容をETC車載器を購入・セットアップする店舗で提示します。

ETCセットアップ代金が1万円の値引き

メールを提示された店舗側では、ETC車載器のセットアップ時にその情報を首都高速側に照会し、キャンペーン参加状況を確認。キャンペーン申し込みが正しく行われていた場合、ETC車載器の購入・セットアップ代金からその場で最大1万円の値引きが行われる仕組みとなっています。

首都高速によると、キャンペーン対象店舗については現在のところ調整中とのことで、今後準備が整い次第順次Web上で公開予定とのこと。対象店舗にはETC車載器を販売するカー用品店のほか、新車ディーラーも含まれる予定で、対象期間内にETC車載器搭載の新車を購入すればキャンペーン対象となります。

なお、注意したいのは中古車店でETC車載器付きの自動車を購入したケースで、この場合はETC車載器のセットアップ費用のみが助成対象となります。カー用品店などにセットアップのみを依頼する場合、その金額は3000円前後であることが多く、その場合は1万円ではなく実費分のみが助成される仕組みです。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
登録しておけば最大50%オフになるETC割引は?
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「首都高速がETC新規購入で1万円キャッシュバック