外出制限が続く地域も少なくないなか、自宅で過ごす時間が増えたことで、部屋の模様替えやキッチン用品の新調を考えている人も多いでしょう。そうしたときに役立つのが、全国各地に店を構えるホームセンターです。大手チェーンでは提携のクレジットカードを発行するところもあり、なかには還元率が最大3.5%という高還元率カードもあります。

ホームセンター利用で最大3.5%還元

ホームセンターは、合併や資本提携が激しい業界のひとつで現在、ホーマックやケイヨーデイツーなど6ブランドを持つ「DCMグループ」、ベイシアグループの「カインズ」、「コメリ」、ドイトを買収した「コーナン」の4強がしのぎを削る状況です。このうち、DCMグループを除く3社が提携クレジットカードを発行しています。

なかでも、最大で還元率3.5%とおトク度が高いのが、コメリの系列クレジット会社が発行する「コメリカード」です。コメリカードのポイントプログラムは通常200円につき1ポイントのところ、コメリグループ各店での利用については、年間利用金額に応じてポイントアップします。

コメリグループ各店の前年利用額が10万円未満の場合、貯まるポイントは200円につき3ポイントで、1ポイント=1円として使えるため還元率は1.5%です。この時点で十分お得ですが、前年利用額が10~20万円では4ポイント、20~30万円で5ポイント、30~40万円で6ポイント、50万円以上は7ポイントとアップしていきます。

コーナンカードはガソリン割引も用意

コーナンがポケットカードと提携して発行する「コーナンカード」は、コーナンでの利用についてポケットポイントが1000円につき3ポイント、その他店舗での利用では1000円につき2ポイントが貯まります。貯まったポケットポイントは、200ポイント=1000円でコーナン商品券と交換する方法が一番お得です。

コーナンカードをコーナンで利用した分について、コーナン商品券へ交換した際の還元率は1.5%となり、クレジットカードのポイント還元としては高い部類。さらに、コーナンカードには伊藤忠エネクス系列のガソリンスタンドの給油が1リットル2円引き(直営店は3円引き)となる特典も用意されています。

カインズがオリコカードと提携して発行する「カインズカード」は、クレジット機能なしのカインズカードにオリコカードが追加されたもの。クレジット利用分のポイントは、ペイシアグループでの利用とその他利用で変わらず100円につき1ポイントで、1000ポイント貯まると1000円のカインズ商品券へ自動交換される仕組みです。

【関連リンク】
カード審査に落ちた人がやってはいけないNG行動
「ゴールドカード」年会費の元を確実に取る方法
公共料金の支払いで得するクレジットカードは?
Amazonゴールドカードの年会費の元を取る方法
過払い金請求で信用情報に傷がつく本当だった?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ホームセンターでお得なクレジットカードは?