テレビは見なくてもYouTubeは欠かさずチェックするという人は多いはず。そんなYouTube視聴のネックはデータ通信量。とくに4K・8Kの高画質動画を視聴するとなると、データ通信量が膨大になってしまいます。そこで、YouTubeの4K/8K動画をiPhoneでダウンロードする方法を見ていきましょう。ダウンロードすればオフライン再生できます。

YouTubeをiPhoneアプリでダウンロード

「Kingbox.」は定番ダウンローダーアプリ「Clipbox+」の後継で、Clipbox+では不可能なYouTubeの保存にも対応しています。アプリの作りはClipbox+とほとんど同じで、内蔵のブラウザで動画ページを開いたら、画面下のボタンからダウンロードをするという流れです。

具体的にiPhoneでYouTubeの4K/8K動画ををダウンロードする方法は、まずアプリを起動したら「ブラウズ」を選択。さらに「ブラウザ」をタップして、Kingbox.内蔵のブラウザを開きます。

ブラウザでYouTubeにアクセスして、保存したい動画ページにアクセス。そして画面下の「+」ボタンをタップするのです。メニューが表示されたら、「Are you ok?」をタップ。動画タイトルの表示とともに再確認の画面が表示されるので、「OK」をタップします。

YouTubeをiPhoneにSafariダウンロード

動画の保存先を指定して、ダウンロード開始。ホーム画面に戻ると進行状況が表示されます。保存形式を変更したい場合は、ダウンロード後、「Action」から作業すればOKです。

なお、Safariにダウンロード機能が実装されたので、iPhoneでも支援サイトを使うことでYouTubeの動画を簡単にダウンロードできるようになりました。とはいえ、ファイル管理アプリ「Documents by Readdle」と組み合わせる定番の方法も覚えておきましょう。

この内蔵ブラウザを利用すれば、ダウンロードした動画は、Documentsに保存されて管理しやすくなります。バックグラウンド再生もOKです。

具体的には、Documents by Readdleアプリを起動。ホーム画面右下の水色のマークをタップすると内蔵ブラウザが開きます。ブラウザでダウンロード支援サイト「savefrom.net」を開き、保存したい動画のURLを貼付け。保存形式を選択して「ダウンロード」をクリック。これでマイファイルに動画が保存されるのです。

【関連リンク】
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「YouTubeの4K/8K動画を「iPhone」でダウンロード